こんにちは。とろみんです。

先日都内の馬喰町(東日本橋)というところにある”obi Hostel”(オビ ホステル)に宿泊してきたので

その感想を書いて行こうと思います。

obi Hostelは下町の温かみ。ほっこり感を感じるような宿でした。

 

 

 

”obi Hostel”基本情報

 

〒103-0004 東京都中央区日本橋横山町3-14

tel:03-4405-5092

webサイト https://www.obi-hostel.com/

E-mail : info@obi-hostel.com

 

Booking.com 予約ページ

「Obi Hostel」

楽天トラベル予約ページ

「obi Hostel」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

“obi Hostel”がある馬喰町ってどんなとこ?

 

この馬喰町や東日本橋。そして浅草橋周辺は、古くは江戸時代から続く歴史ある

問屋街です。

いわゆる江戸の下町の一角ですね。

 

馬喰町の駅を出てホステルに歩いてくる間にもタオル屋さんや衣装などの問屋さんがあります。

普通の小売店風な店構えのお店もありますが

そのお店が問屋の場合、軒先に「小売はしません」と、注意書きが貼ってあるのが特徴。

 

この”obi Hostel”自体、まさに、とある問屋さんが使っていたビルをリノベーションして

作ったホステルなんだそうです。

 

 

斬新ですよね。

 

実はこの界隈、問屋さんの中には時代の流れにより

事業縮小や、店を畳む会社もあるそうなんですが

その跡地をホステルにして営業している場所が幾つかある様です。

 

江戸からの長い歴史と現代の新しい風。これが入り混ざって、さらに深い味わいをだしている場所。

なんていう印象を受けます。

 

 

 

 

 

全体的な感想

 

観光にもビジネスにもアクセスが良い

 

観光目的でも、お仕事で来てもとっても便利なエリアです。

JR総武快速・都営新宿線・都営浅草線が乗り入れています。

こちらのobi Hostelからは日本橋や三越前エリアへは徒歩15分~20分位。

電車だとJR馬喰町からJR新日本橋へ2分で着きます。

 

また、浅草橋へは徒歩10分ないくらいで着きます。

浅草橋へは地下鉄でも行けますがホームへ向かったり、電車待ちしてる間に着いてしまいそうなので

お天気がよければ歩いた方が早いかもしれません。

 

 

手ぶらで泊まりにいける

 

有料になりますが、タオルレンタルやハブラシ販売があります。

また、シャワールームにはボディソープ、シャンプー、トリートメントが備わっているので

急な宿泊でも大丈夫だと思います。

タオルはしっかりとした大判のバスタオルを貸してくれます。

ただ、私だけかもしれませんが、大判なだけに生乾きのニオイがすこし気になったので

その辺敏感な方にはレンタルあまりオススメ出来ないかもしれません。

 

 

くつろげる

 

宿泊者は1階のカフェへ食べ物と飲み物の持ち込みがOKなので

外で買ってきて宿で食べることも出来ます。

ホステルって共有スペースが小さいところもあるけど

ゆったりしたソファでゆっくり出来るのは嬉しい限り。

 

 

インターナショナル

 

お客さんの8割以上が海外からのお客さんなのでは?

という印象を受けました。

カフェでくつろぎながら他の宿泊者と話してみるのも楽しいかもですね。

 

 

 

obiホステルの宿施設について

 

 

カフェ&バーとしても営業している”obi Hostel”さん。

2017年4月オープンしたばかりの新しい宿です。

 

重厚感のある大きな一枚ガラスの引き戸をガラガラっと開けて中に入ると

長時間くつろげそうなソファの置いてあるカフェがあります。

宿受付は、カフェの中央にあるカウンターで受け付けてくれます。

 

建物はザ・下町。

うなぎの寝床タイプの建物で、間口は狭いですが縦にかなり長いビルです。

 

 

 

客室には、建物の奧エレベーターを使って行きます。

エレベーターの上方には熊手が飾ってありました。

 

よく見ると「神田明神」と書いてあります。

神田明神って秋葉原、日本橋、馬喰町、鍛冶町などこの辺一体を守る氏神様であり

商売繁盛の神様なんですよね。

こういうインターナショナルな宿に熊手があるのってなんだか新鮮。

 

 

今回宿泊は2階の女性専用ドミトリー。woman onlyの暖簾が。

 

女性専用のシャワールームもこの階にあります。

姿見も廊下にありました。女性には嬉しいサービスですよね。

 

シンクはスッキリしたタイプ。

シンク以外にも廊下に横に長い鏡を貼ってくれていたりと

朝混みあう時間でも支度がしやすいように工夫をしてくれているんだな。と思いました。

 

客室には一人一個ロッカーがあります。

ロッカー前に少しスペースがあるので大きなスーツケース等はロッカー前に皆並べて置いていました。

 

 

全体的にすっきりした印象の宿。

宿のエントランスや廊下の所々にスタイリッシュなファブリック(布)やのれんが飾ってあるのが印象的でした。

宿の人に聞かなかったけど

なんとか染め。みたいなちゃんと染めてある布だったりするのかな?

 

とにもかくにも

駅からも近いし、スタッフの方々の対応も良かったし

居心地も良い。

また機会があったら泊まりたいな。そして友人にもすすめられる宿だな。

と思いました。

 

そしてビジネス街という印象だった馬喰町に

外国人観光客が沢山いる。という事にビックリしました。

昨今、観光客の増加で宿不足が叫ばれていますがこういうところでも時代の変化を感じる事が出来たりするんですね。

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

寺と神社の違いは?神社へ行かない方がいい日がある?

 

 

旧暦の新年、今も江戸時代の門松が根付く街、日本橋

 

 

 

スポンサーリンク