マレーシア旅行記、美食の街イポーのグルメ情報。朝食編@旧市街地

こんにちは。とろみんです。

今日はマレーシアの中でもダントツに「美食の街。」として有名な

イポーという街の朝ごはん情報を書いていこうと思います。

場所はイポーの中でも旧市街地の朝食情報です。

 

スポンサーリンク

 

 

美食の街イポーではどんな朝食が食べれるの?

 

イポーはマレーシアの中でも中華系の方がやっているご飯屋さんが多いです。

なので朝食も中華系を良く見かけます。

 

中華。といっても色々ありますが

魚の練り物入りのスープあり麺類。

あんまんの様な中華蒸しパン。

お粥。

あたりでが旧市街地ではメジャーのようです。

 

他のご飯としてはリトルインディアがイポー旧市街地にはあるので

インド料理の朝ごはんを食べることも可能です。

 

さらに、焼きたてのパンが並ぶパン屋さんがあったり

イポー発祥のホワイトコーヒー屋さんも旧市街地にあったりと

朝早くから営業しているお店が何件もありました。

 

「美食の街」イポー旧市街地の朝ごはんマップ

 

今回、旧市街地内の朝食としてご紹介する5店舗の店名です。

 

①Kedai Kopi Tong ki  東記小食餐室

魚の練り物入りのスープあり麺類・コーヒー・蒸しパン等

 

②Little Bee Bakery 小蜜蜂面包店

朝からオーブンで焼いた、焼きたてパン屋

 

③Sri Ananda Bahwan

インド料理の軽食屋

 

④Restoran Thean Chun 天津茶室

カスタードプリンが有名ですが、普通に麺類等もあるご飯屋

 

⑤Restoran Ipoh Kong Heng 光興茶室

地元での定番食が食べれる屋台村

 

早速ですが、

まずはイポー旧市街地全体の中のどの辺りか。

大体の場所をご覧下さい。

地図内赤く囲ってあるあたりです。

 

両方のエリアとも「Jalan bandar Timah」という通り沿いにあります。

どちらもイポー駅からのんびり歩いても10分以内です。

 

イポー駅そばに、巨大な「Masjid Negeri Perak」というモスクがあり

その脇を通る目抜き通りが「Jalan Sultan Iskendar」と言います。

 

その通りを歩いているとお店のある

「Jalan bandar Timah」という通りにぶつかります。

その店のある道「Jalan bandar Timah」は

目抜き通り「Jalan Sultan Iskendar」を挟んで左右に伸びています。

 

さて、旧市街地の中でどの辺か。

大まかに掴んだところで、店舗ごとの詳細を見ていきましょう。

①~③はかの有名な、イポー発祥のホワイトコーヒー屋さん

南香茶餐室(Nam Heong White Cofee)のすぐ傍にあります。

 

同じ通りにあるBan Loong Hotelという小さな宿も

比較的目印になるかと思います。

 

①Kedai Kopi Tong ki  東記小食餐室 あっさり中華麺屋

 

住所: 35, Jalan Bandar Timah (Jalan Leech), Old Town, Ipoh Town, 30000

グーグルマップ: https://goo.gl/maps/YPT7uHzbjL32

 

 

Kedai Kopi Tong ki  東記小食餐室はこの通り沿いで一番の賑わいを見せる

麺屋さんでした。

その賑わいを見て思わず店内に入りました。

ピーク時は席が足りなくて待ちが出る程。

 

私が行った時は8時過ぎでしたが満席で多少待ちました。

 

ちなみに席の待ち方ですが

店の中で待機し、各テーブルに目を光らせながら

キョロキョロして

自己責任で席を獲得。という待ち方です。

 

席獲得して、座ってるとお店の方がテーブル片してくれます。

 

麺は写真の細い米麺タイプとちぢれた卵入り麺が選べるようです。

圧倒的に米麺食べてる方がほとんどでした。

 

麺の奥に見えるのがこの店の名物であろう、フィッシュボール。

魚のすり身で出来ています。

お好みでチリソースをつけて食べます。

 

コーヒーと 麺+フィッシュボール入りスープで確か10RM(300円)だったと思います。

並んでるだけあって

スープのお出汁が本当に美味しかったです。

胃にも優しく、体がほっとし休まりました。

 

出汁が効いている辺り日本人には馴染みやすい味だと思います。

 

私はこの店が気に入り、クアラルンプールに向かう列車に乗る前には

軒先で売っていた蒸しパン類を買ってから駅に向かいました。

 

中にクリーム入りのものや、あん入りのものがあり

普段日本で食べている あんより、豆の味を感じる素朴な味わいで

食べやすかったです。

 

 

何を食べても美味しいこの「Kedai Kopi Tong ki  東記小食餐室」。

イポー滞在中の私の一押しレストランですが

 

難点は英語が通じない店員さんが結構居ること。(広東語は通じる)

 

注文時かなりレベル高いです。

私は、お店にいるお客さんに

 

「すみません。どうやって注文すればいいんですか?

メニュー名が分からないんです」

 

と英語で話しかけたら親切な事にその方が

私たちの為に注文してくれたので食べられました。

 

年が若めの店員さんであれば英語が通じるので

ピーク時を外して

ちょっと空いている時間に行って、助けを求めてみる。

という方法だったら英語でも注文を通しやすいと思います。

 

スポンサーリンク

 

②Little Bee Bakery 小蜜蜂面包店 パン屋

 

住所:19, Jalan Bandar Timah, 30000 Ipoh, Negeri Perak, Malaysia

グーグルマップ: https://goo.gl/maps/WKSoTN6aB6y

 

Little Bee Bakeryは

有名な、南香茶餐室(Nam Heong White Cofee)という

ホワイトコーヒー発祥の店のハス向かいにあります。

 

朝歩いていると他にも沢山あるご飯屋さんの香りに負けない位、

おいしそうな焼き立てのふんわりした香りが

店の中から漂ってくるパン屋さんです。

 

店内には「まさに今オーブンから出しました!」

と言わんばかりの作りたてのパンがずらり。

 

個人的にパン好きとして旅先のパンを買ってみる。

という楽しみがある私。

もちろん買ってみました。

 

パンって国により特色が出るから面白いんですよね。

 

味は美味しかったです。

フワフワしているタイプのパンなので

かっちりめが好きな方はあまり好みではないかもしれません。

パン屋の周辺はまるでヨーロッパの様な建物が並び風情があります。

 

③Sri Ananda Bahwan インドご飯

 

住所:7, Persiaran Bandar Timah, 31650 Ipoh, Negeri Perak, Malaysia

Tel  : +60 5-253 9798

グーグルマップ https://goo.gl/maps/szzTPr4itF32

 

イポーにはリトルインディアと呼ばれる場所があり

その周辺にはインド系の飲食店や

食料品店・服屋やアクセサリー屋が軒を連ねます。

 

私もインド料理は大好きです。

しかも日本では朝から開いているインド料理店がなかなかないので

インドの朝食。

という物にかなり興味を抱きました。

 

チャイだけでもOK

 

View this post on Instagram

 

引用元:Instagram

 

 

View this post on Instagram

༺ℳᴀᴄ ℳᴀᴄᴋᴀʙᴜᴀɴɢ༻さん(@mackabuang)がシェアした投稿 –

引用元:Instagram

 

結果的にはこちらでは朝ごはん食べなかったのですが

 

インド系の方にすすめられただけあり

店舗内、かなり賑わっていましたので地元でも人気のお店だと思います。

 

考えてみたらランチや軽い夕食として行けばよかったな。

と思っています。

 

さて。

残る2つは今まで見た3店舗から歩いて5分程の場所にあります。

 

①Kedai Kopi Tong ki  東記小食餐室や、②のパン屋と同じ

「Jalan bandar Timah」通りにありますが

巨大なモスク「Masjid Negeri Perak」

の隣に走る目抜き通り「Jalan Sultan Iskendar」

を挟んで反対側にあります。

 

④Restoran Thean Chun 天津茶室 プリンが有名

 

住所 73, Jalan Bandar Timah, 31650 Ipoh, Negeri Perak, Malaysia

tel:+60 5-255 3076

グーグルマップ: https://goo.gl/maps/c9usWbUEdjJ2

 

カスタードプリンが有名ですが、普通に食事も出来るご飯屋です。

見印は2件隣にある有名な鳥料理屋さんLou Wong。

 

是非、ご飯がてら行き

デザートにプリンをどうぞ。

 

イポーはカスタードプリンがかなり有名みたいです。

この店の他にも旧市街地にプリンの看板を掲げている店が何店舗かありました。

 

その中でもこのRestoran Thean Chun 天津茶室は

一番美味しいと評判のお店だそうです。

 

View this post on Instagram

引用元:Instagram

 

実は、このお店はタイミング合わず結局行けずじまいでした。

 

どうやら祝日はやっていないことがあるみたいです。

私がイポーに滞在したのは祝日の数日間。

 

その間、朝や午後と時間を変え、何度か見に行ってみましたが

ずっと閉まったままでした。

祝日に訪問する方は注意が必要です。

 

⑤Restoran Ipoh Kong Heng 光興茶室 地元の定番食

 

住所:75, Jalan Bandar Timah, 30000 Ipoh, Negeri Perak, Malaysia

グーグルマップ https://goo.gl/maps/1zhfQvJjL6k

 

地元ご飯。といえる定番が沢山食べれる屋台村です。

 

こんな感じで色んな屋台が入っています。

好きな店舗に行って好きなものをテーブルで食べるスタイルです。

 

台湾で食べるような肉やたまごをご飯で巻いたものや

炒めた麺など何でもある感じです。

 

この日は朝9時過ぎに行ったら

ひと段落着いたようで、かなり空いていました。

 

私たちはお粥、

プラナカン料理のポピア。という春巻きみたいな物。

そして台湾などでも良く見る仙草ゼリーを食べました。

 

マレーシアのお粥はぽってりとした食感。

砕いたお米を炊いた物がスタンダードの様です。

似たタイプのお粥をシンガポールのマレー系が多く住むエリアで食べた事があります。

 

春巻きみたいな風貌の、プラナカン料理のポピアは

漢字で書くと「薄餅」と書きます。

 

あまり日本ではなじみがない料理ですが

生野菜の千切りや、煮込んで柔らかくなった根菜系。そして

ピーナッツや海老などを巻いてあるヘルシーフードです。

 

かなり定番料理だそうなので

お見かけしたらオススメです♪

 

美食の街イポーの朝食 まとめ

 

いかがでしたか。

一人でも、大勢でもどちらでも入りやすい店が多いな。

という印象だったイポーの旧市街にある朝食処。

 

営業時間は大体7時過ぎから開き、

ピークは8時台。

9時近くになると結構余裕が出てくる。

という店が多いです。

 

本日紹介したお店は

イポーの街の 旧市街地にあります。

 

目指すは「Jalan bandar Timah」通り。

 

「Jalan bandar Timah」通りは

イポー駅近くにある巨大な「Masjid Negeri Perak」

というモスクの脇を通る交通量の多い「Jalan Sultan Iskendar」と交差しています。

 

さすが「美食の街」という名を欲しいままにするだけあり

お客さんがそれなりに入っているお店であれば

何を食べても外さないイポー。

 

是非、朝食から地元の物を食べて

一日を迎えてみて下さい。

 

関連記事:「マレーシアの旅・特集ページ」

私がマレーシア現地で見たり・聞いたりして体感した実際の

交通情報・グルメ情報・現地の文化等についての記事を集めました。

 

スポンサーリンク