こんにちは。とろみんです。

いつもは海外に旅したり、旅先でダンスしたりの体験記を多く書いている私ですが

実は10代の頃は自分探しの旅に出て、

文字通り路頭に迷っていたことがあります。

 

15歳で家出して歌舞伎町でキャバ嬢をやっていました。

今日はその頃の話を書こうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

思春期特有の心の迷いや葛藤

 

「思春期の頃のお前はたまたま麻疹に掛かっただけだ。」

私の10代後半の様子をこの様に表現した人がいます。

 

”若い頃一時的におかしな事するのは良くあること。そのうち治る”

という意味でその方は言ってくれました。

 

「麻疹」だったのかそうでなかったのか良く分かりませんが

ちょうど高校に入るくらいからは、

人から認めてもらいたい。という承認欲求がとても強かったです。

 

私の親は褒めて伸ばすタイプではなかったです。

当時私は、親の思うような結果は出せませんでした。

 

結果出ないと親はあまり良い顔をせず達成感も得られないし

「自分は何をしても中途半端」という気持ちがあり、

心の拠りどころを求めているが故に承認欲求が強かったんだと思います。

 

何やっても中途半端。

常にモヤモヤした気持ちでいっぱいでした。

 

当時の私は刹那的に「今」という時間軸だけで生きてました。

「今」という瞬間だけで生きていれば難しいこと考えなくてすむから。

将来の不安に襲われることもなくなるから。

 

 

人生の目的を見出せず不安だらけだった15歳の頃

 

さて、

15歳の私はちょっと無理して自分のレベルより上の高校に入ったせいか

入学早々に全く付いていけない科目も出てきてしまっていました。

 

さらに、周りの子がキャーキャー騒ぐ同年代のアイドルや

「あの先生かっこいい」みたいなのにも興味なく

共通の話題があまりなかった為クラスにも馴染めていませんでした。

 

 

 

学校からも両親からも「ちゃんと勉強しろ」と言われてましたが

今思えば、勉強する意味すら良く分かってなかったです。

一応勉強はしてみるものの、やり方が分からない科目は

ひどいもんでした。

 

 

傍目から見たら「甘えている」とか

「怠けている」と映って当然だと思います。

それに対して何の異論もありません。

 

15歳だった頃の私は「分からない」事が分かってない状態だったので

周りに助けを求めるわけでもなく

そのうち空虚感や無。みたいなものに心が支配され始め

やる気もなくなりダラダラしていました。

 

 

行く方向を失いかけていた私は

”自由と自分勝手”

この2つの違いさえ分からずに「とにかく自由になりたい!」と

夜の街をほっつき歩くようになっていました。

 

その相手が誰であれ

夜の繁華街に行けば相手してくれる人がいるから。

 

 

繁華街の魔力に飲み込まれそうになりたたずんでた

 

夜の街をほっつき歩き、学校に行かなくなると

勿論、親は学校生活に戻そうとしましたが

私は逆にその圧力に耐えられなくなり

ある日。ついに家を飛び出してしまいました。

 

数日間は友達の家を泊まり歩いたけど

何泊も泊めてくれる家なんて普通あるはずもなく

すぐに行くところがなくなり私は

新宿東口の広場にボーっと座っていました。

 

「これからどうしよかっな。。。。。」

 

 

 

どうしようもなくなり飛び出してきたものの

何の計画もない。

お金もない。

家もない。

 

あるのはリュックに詰めこんだ最低限の服だけ。

 

その場に佇んでるのは私だけ。

周りは楽しそうにしながら通り過ぎてく。

流れる雑踏の中

現実を受け止められずただただ座ってました。

 

その時、私やばい。とは思いませんでした。

行く場所がなかったのでこれから何処に行こう。という事ばかり考えていました。

 

 

当時は今みたいにスマホもないから

後先考えずに家を飛び出した私は

びっくりするくらい社会との繋がりがなくなってました。

 

実は家を飛び出してからの数日間はあまり記憶がありません。

ご飯ちゃんと食べてたかすらあんまり覚えてません。

 

でも。それでも家に帰りたい。

とは思わなかったです。

 

すごく勝手だという事は分かっているし

自分の力量をきちんと考えずに高校を決めちゃった私が悪いんだけど

 

自分が嫌だ。という事に対して聞く耳を持たず無理やり押し込めようと

する場所には帰りたくないな。と思ってしまってました。

 

 

・・・・・・どの位ボーっとしたかわかりません。

その時でした。

 

私の前に立ち止まった男の人。

ボーっとする私に対して何かしゃべっている。

 

 

「スカウトなんだけど。」

 

へ?

 

「あのさ。キャバクラだけど。

もっと顔見えるように帽子取ってみてよ。」

 

その人は黒髪のロン毛で肌も日焼けして色黒く、どう見ても怪しい・・・・。

 

なんか面倒くさくて私は

「・・私。15歳だよ」

 

と言いながら帽子を取った。

 

すると、「え?まじ?本当に15歳なの?言わなきゃ大丈夫でしょ。」

とかその人は言った。

 

住む場所ないことも素直に伝えると

「寮あるし」と。

 

それが歌舞伎町のお店と私との出会いでした。

 

その日のうちにお店の営業時間内に面接に行き

無事面接もパス。

 

面接をパス出来た時点ではまだ実感がなかったのか

特に何も思いませんでした。

 

 

面接の帰り、スカウトの人と駅に向かう間、ちょっと話をしました。

 

その人は黒髪のロン毛で肌も日焼けして色黒くて

さらに言うと髪にはウェーブのパーマまでかかってて怪しいんだけど

大学生でした。

しかも幼稚園から大学まである由緒ある大学。

 

「全然そんな風にみえない。」というと

「昼じゃなくて俺は夜学ね。」と言ってました。

26歳で働きながら大学行っている。とも言っていました。

 

そんな普通の会話をしていて、久々に平穏な空気を感じました。

 

スポンサーリンク

 

 

キャバ嬢アオイの誕生

 

次の日。

初出勤するとまずは

事務的な手続を済ませ無事、お店への所属が出来ました。

今日から私の名は「アオイ」

 

お店の始まる時間には朝礼。がありそこで軽く紹介してもらいました。

 

お客さまが来店し、ボーイさん達が「いらっしゃいませ!!」と

店中に威勢のよい声を響かせる。

 

お店の営業開始です。

 

待機場所で空白の名刺に自分の源氏名を書いたりしていると

「アオイさん。お願いします」

と呼ばれ、いよいよ初仕事です。

 

お店のオーナーに導かれ、ホール内を少し大股で付いて行く。

履いている7.5cmヒールがコツコツと響き

一歩ずつお客様に近づいていく。

 

「お客様失礼します。こちら、本日入店のアオイちゃんです。

宜しくお願いしまーす」

 

そんな感じで、仕事が始まりました。

 

 

突然、職と住む場所を得た私。

こんな順調でいいのかな…と、変な気持ちにもなりましたが

 

これからは街を彷徨わなくてすむ。

と言う気持ちの方が大きかったです。

 

自分で勝手に家を飛び出したにも関わらず

何もなく街を彷徨っていた時は

明日どうなるんだろう。とそればかり考えていました。

 

そんな事ばかり考えていたせいか、

家を出てからお店に拾ってもらうまでの間は

常に夜だったかの様な情景しか思い出せません。

 

何はともあれ運よく職を得て

世間とのつながりが出来たことで少しだけ安心しました。

 

そして私は実は学校に行かなくなった頃から「勉強するより働きたいな。」

と思ってたので、時給をもらって働ける身分になったことは素直に嬉しかったです。

 

キャバ嬢というお仕事は今までにも

少しだけした事がありました。

その経験から、面接時に店の様子を見て

「この店大丈夫そう」

と自分なりに判断できてたから働かせてもらう事にしたのかもしれません。

 

 

 

今日は、私が本名を捨てて、歌舞伎町で働くこととなった

きっかけについての話しでした。

 

その後どうなったかについてはまた機会があったら書こうと思います。

読んでいただきありがとうございます。

 

 

注意: たまたま私は運が良かっただけです。

その後分かるんだけど、都会には実際に沢山のトラップとか危険があるので

私のしたことをオススメするための記事では決してありません。

むしろ私の様に誰にも相談出来ずに方向ずれてく。というの防ぎたいな。の気持ちで書いてます。

 

 

スポンサーリンク