【大阪女性一人旅】たこ焼き堪能&オシャレな秘密基地ホステル体験レポ

こんにちは。マグロのとろみんです。

大阪と言えば食い倒れ!

先日、たこ焼きも焼けちゃうホステルに泊まってきました。

宿泊先で、たこ焼きが焼ける。とあって外国人にも人気の様でしたよ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

たこ焼きが世界をつなぐ!大阪ミナミの「ルーツホステル」

 

出典元:Booking.com

 

今回泊まったのは、大阪ミナミの心斎橋まで徒歩圏内の本町。というところです。

オリックス劇場のすぐ裏にある

ルーツホステル(roots hostel)というとこに泊まりました。

周りは住宅もかなりあり、静かな環境です。

 

そんな観光もしやすい環境に佇むこのホステル、面白い特徴があります。

なんと、たこ焼きバーが併設されています!

 

こちらのホステルは、ホステル入って直ぐのスペースが

カフェバーになっています。

外からチラッと見ると、今流行の打ちっぱなしを上手く使ったデザインでスッキリまとめられているオシャレなカフェです。

 

が。そのオシャレな空間でじゃんじゃんたこ焼きが焼けちゃう。

というホステルなんですね。

コンセプトが面白いな。と思いました。

 

いわゆる「体験型」のお宿。ですね。

外国人にウケるの納得です。

 

彼ら、色んな日本の文化を体験したくて来ていると思うんですが

街でたこ焼きを焼けるレストランを見つけたとしても、

もし、そこが外国語通じない店だったら。

 

ちょっと躊躇するだろうな。と思うんですね。

 

普通の食べ物のメニューなら注文さえすれば食べられますが

自分で作るたこ焼き。みたいなものだと

初めてチャレンジするならば、作り方も教えてもらわないといけない。

 

言葉も通じない場合は、食べるまでに色々面倒で、

「じゃぁ。調理されて出てくる普通のでいいか。」となっちゃうと思うんです。

 

けど、この宿に来れば

宿で働いているスタッフさんが英語できるので

少なくとも英語が出来るお客さんならば不自由なく日本の文化を体験出来ちゃうんですよね。

 

さらに言うと。

これは何処の国の方でもそうだと思うのですが

「一人での外食って人目がきになっちゃう」

という方、結構いらっしゃると思います。

 

そんな方も、ここ「ルーツホステル」ならば、

ホステル。という施設柄、一人旅のお客さんが多いので

人の目とか気にせずたこ焼き体験出来ちゃう。

というのも良いな。と思いました。

 

私は宿泊時、遅い時間まで出かけていたのでたこ焼き体験は出来ませんでしたが

お時間ある方は是非。

 

コンセプトを持った「体験型ホステル」は雰囲気良かった

 

大阪ミナミの「ルーツホステル(Roots hostel)」に泊まってみて

全体的に印象に残っているは、

スタッフさん達が明るかった。という事。

 

ホステルって、商売の構造上、大体少ない人数で回しているから

スタッフさんの仕事ってかなり多くて忙しいし、意外と重労働なんですよ。

 

よって、余裕なくなりがちだよね。なんて思うのですが

こちらのお宿のスタッフさん達は皆さん楽しそうに働いていたのが印象的でした。

 

特に特徴のない宿よりも

この「ルーツホステル」の様に何か分かりやすいコンセプトがあると

働いている側も楽しかったり、仕事に対しての目的意識が生まれやすいのかな?

なんて思ったりしました。

 

スタッフさんの働く姿勢って意外とお客さんとして感じたりするものなので

働く人自身が楽しそうに働く場所ってステキだなーという感想です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドミトリー(相部屋)はまるで秘密基地。お一人様ジャストサイズが良い感じ

 

チェックインをし、女性専用ドミトリー(相部屋に入ると)

なんとも不思議な壁だらけのお部屋でした。

巨大迷路・またはダンジョンにでも迷い込んだか??

ありゃ?なんじゃこりゃ。と思い、写真上の黄色と青の壁の間を覗くと

お。2段ベッド登場。

ちょっと写真みづらいですがこんな感じで壁の間にベッドが現れます。

これを見て、壁だらけだから真夏は暑そう。と思った私。

 

が。意外と冷房がしっかりしていたのか、

日中は30度超えた真夏日だったのに夜寝る際全然寝苦しくなく、

むしろ冷えっとして布団をかけて寝たくらい快適でした。

 

さらに、最初壁だらけ。と思ったこのお部屋。

小慣れてみると、

この壁のお陰であまり他の方が気になることなくリラックスして過ごせました。

 

着替える時などもちょっとした目隠しになるし良い感じです。

ベッド毎にカーテンも付いているので、カーテン引いちゃえばまるで秘密基地。

個人的にかなり落ち着いて過ごせました。

ちなみに、ベッド脇に荷物を置けるスペースがありますので

3,4泊位のスーツケースの大きさならそちらに置けます。

それ以上の大きなスーツケースの人は壁際に置いていました。

 

個人的には慣れてみたら意外と良かった秘密基地ドミトリーですが、

デメリットとして壁が多いせいでちょっと手元が暗い場所が多いです。

あと、

上段のベッドに宿泊するのは厳しいかもしれないですね。

天井もあって、横にも壁が来てると少し閉塞的なんじゃないかなぁ。。。

 

あと、こちらのホステルは自分でベッドメイキングするので

よじ登りながらベッドメイキングするのが結構大変そうだなー。

とも思ったので

もし可能なら下段のベッドをリクエストするのが良いかもしれません。

 

 

お風呂や水周りは清潔だけどちょっと惜しかった

 

お風呂や水周りに関しては、ちゃんと掃除されているな。

という印象を受けました。

安心して使えます。

 

が。。。女性目線で見て

なんか惜しいなー。なんて思ってしまう点が2点ありました。

 

1.宿が用意してくれているドライヤー

 

女性シャワールームには有難いことにドライヤーが用意されてました。

 

ドライヤーが備え付けられているのは本当にありがたいのですが

用意数は1台です。

混んでいる時間だとちょっと困る事もあるだろうなぁ。と思ったので

好きな時に使いたい。という方は持っていくのがベターです。

 

 

2.シャワーのお湯が途中で出なくなった。

 

これは私のだけのトラブルならば良いのですが、

シャワー浴びて5分ほどでしょうか。

頭を洗い、シャンプーだらけになっている状態で

急に水だけしか出なくなりました。

 

夏場だったのでなんとか乗り切れましたが、冬だったらやばかったなぁ。。。

という感じです。

 

私がお風呂に入ったのは夜中12時過ぎ。

混んでる時間でもないので、たまたま調子悪かったんでしょうか?

 

以上水回り。という観点から判断すると、

混んでる時期は泊まるの避けようかな。という感想です。

 

 

その他:持っていくと役立ちそうなもの(女性の方必見)

 

この大阪・本町にあるお宿「ルーツホステル」は

ホステルなのでホテルに置いてあるようなアメニティグッズはありません。

なので身支度品。と言われるような基本的なものは持参する必要があります。

 

具体的にはタオル ハブラシ 洗面用具等ですね。

考え方としたら、お風呂入った時と、お風呂出た後に使うもの。

さらに、出掛ける前に準備する際使うもの。

これをそのままそっくり持ってくれば間違いないかと思います。

参考記事:旅の持ち物リスト

 

基本的な物以外で、あると便利な物。として挙げるならば

 

ミラー(鏡):

宿にも洗面台のところに鏡がありますが

洗面台は、女性用で3台なので混んでる時間はゆっくり使うことが出来ないかもです。

なので持っていると何かと便利かと思います。

 

鍵(ワイヤーロック等):

部屋の中にはロッカー等鍵のかかるものはありません。

(貴重品管理ロッカーは別のところにある)

なので持ち物の管理に不安を覚える方は

鍵のかかるスーツケースか、ベッドの柱に括り付けられる様なワイヤーロックを持っていくと良いかと思います。

 

最近は旅行先にノートパソコン持ち歩く方も増えていると思うので

そういう方は何かしら対策していくと安心かと思います。

 

 

Roots Hostel(ルーツホステル)所在地

 

そんなホステルの所在地については以下の通りです。

名称:Roots Hostel(ルーツホステル)

予約ポータルサイト:

ルーツホステル 楽天トラベル
ルーツホステル booking.com

住所:〒550-0012
大阪府大阪市西区立売堀1-9-11
電話:06-6556-7774

最寄り駅:
四ツ橋線 本町駅までなら徒歩5分
御堂筋線 本町駅までなら徒歩8分。心斎橋駅まで1駅。

その他情報:wi-fi完備

 

周辺の特徴:

◆1ブロック先にオリックス劇場があります。ライブ鑑賞などにも便利

◆心斎橋までも徒歩圏内。歩いて10分強。長堀橋駅まで20分程

 

心斎橋から地下鉄で2駅ある為ホステルの周りは結構静かでのんびりしています。

繁華街まで歩けるところに泊まりたいけど、周りがガチャガチャしてる場所は苦手。

という方にピッタリです。

 

大阪・ミナミの「ルーツホステル」お勧め?勧めない?ずばりどっち?

 

感想の冒頭にいきなり結論を書いちゃいます。

友人にすすめたいか?と聞かれたら・・

正直、勧めないかもです。すみません。

 

私が泊まったのは週末。

週末料金で1泊2460円。コスパは申し分ありません。

部屋の中もすごく過ごしやすかったです。

 

ただ、共有スペースに出ると、このホステルの売りでもある

たこ焼きの匂いが宿泊階まで昇って来てしまっているのか、

いつでもたこ焼きっぽい香りが感じられるので

敏感な人には勧められないかな。という点と、

 

やっぱりシャワーのお湯が出なくなった経験をしてしまったので

人に勧めるか?と言われたら

うーん。それは勧めた人が冷水浴びたら可愛そうなので勧めないかなー。

と思います。

 

とはいえ、

すぐ裏にオリックス劇場があるので、そちらにお越しの方にはすごく便利な場所だし

心斎橋にも歩いていける範囲にあるので

ロケーション的にはオススメです。

 

心斎橋方面から帰って来る際も商店街っぽい明るい通りを

歩けるロケーションなので女性にも安心です。

 

今日は、大阪ミナミにある

たこ焼き焼きながら異文化交流できちゃうお宿ルーツホステルについてでした。

では皆さん、よい旅を♪

国内旅行:特集はこちらから

 

スポンサーリンク