海外女子一人旅【9月ニューヨーク】5泊7日持ち物リストと便利グッズ

こんにちは。マグロのとろみんです。

久しぶりに北米大陸の東側に行ってきました。

今回はニューヨークです。

この記事では9月。という季節の変わり目に行って感じた旅の必需品や、

5泊7日で持っていった持ち物リスト全品公開します♪

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ニューヨーク9月の気候は不安定。1日ごとに夏と秋が行ったり来たり

 

行く前からコロコロ変わる東海岸の天気予報を見て

「一体どんな服装を持っていくのが正解なのだ・・・」とちょっと悩みました。

 

結論から言うとこの季節の変わり目は気温の上下がかなり激しいので

夏服+厚めの上着。を用意するのが正解です。

 

涼しい日は最低気温16度だったりしたので

北緯が上の方だからやっぱり秋口は寒くなるのが早いのね。

なんて思ったら翌日は真夏の日差しだったり。

 

なんなら一日の中でも、昼間、風も強く薄ら寒くて震える位だったのに

そこから気温がグングン上がり、逆に夜は半そででちょうど良くなったり。

なんだか読めない乙女心みたいでしたが、

でもこれって北米大陸の中でも春秋が短い地域の特徴なのかもですね。

 

私、ニューヨークからほど近いカナダのトロントに住んでた事があるのですが

そういえばトロントも秋口は毎日季節が行ったり来たりする

ガチャガチャした天候だったな。と思い出しました。

 

そうそう。

旅途中久しぶりに会ったニューヨーク在住の友人も

「ニューヨークの9月は毎日気温が上下するから体調気を付けてねー」

なんて言っていました。

 

その情報。行く前に教えてほしかった笑

 

 

ニューヨーク「9月」渡航時、必須のファッションアイテム

 

と。いう事でニューヨークの9月は

気温がかなり上下激しいので

荷物になってしまって面倒だとは思いますが

1枚余計に羽織れる暖かめの上着を持っていく事をお勧めします。

というか必須です。

 

私が訪れた際は9月中旬で、最低気温16度~最高気温28度という幅でした。

 

風出てくると湿度が低い事も手伝って、体感気温がかなり下がるんですよね。

なので風を通しずらい素材の物があると安心かと思います。

 

私はそんなに厚着いらないかなー。

と思い、裏地なしのジャージー素材のジャケットと、

ちょっと厚めのコットン素材カーディガン持っていきましたが、それ両方着ても寒い日がありました。

 

持参必須の暖かめ上着【具体例】

カジュアルなものであれば:

パーカや、ざっくり目のコットンセーター、薄目のライトダウンベストなど

 

カチっとしたものであれば:

裏地付きのジャケットや、皮素材のジャケットなど

 

 

そして厚めの上着の下に着るものは、出来るだけ重ね着出来るタイプの服が良いと思います。

 

比較的新しいタイプの建物は冷房がガンガン入るのですが

地下鉄のプラットフォームなど、昔ながらの建物は冷房すらないのか、めっちゃ暑いです。

 

なので場所により、寒すぎる建物と

暑すぎるムワっとした場所が存在するので

常に半袖にもなれる状態にしておくのがニューヨークでは重宝するファッションかと思います。

 

ま。現地の人は

こちらが冷房の下、震えていようが、

ショートパンツに、へそ出しファッションで平然と過ごしてますし、

 

逆にこちらが暑くて汗かいていても

シレーっとした顔で汗をにじませる事すらせず

涼しそうに過ごしています。

 

本当にいつも不思議でしょうがないのですが

あの人達は一体どんな体温調節機能持ち合わせているんですかね。

 

スポンサーリンク

 

ニューヨークで欠かせない、絶対持っていくべきアイテム1点

 

行ってみて実感した、ファッションアイテム以外で

きっと一年中必要であろうアイテムは

間違いなくスニーカーだと。と思いました。

 

よく観光ガイドなどには

「ニューヨークは道が悪いからスニーカーで歩くべし」

なんて書いてありますが、そういう意味ではなく

 

ニューヨークは道が汚いので雨の日にビーチサンダルなどで歩き回ると

とにかく足が真っ黒になります。

そういう意味でスニーカーは必須アイテムと私は位置づけました。

 

というか私自身、足真っ黒にしてしまったんですけどね。ははは。

 

ある日、出先に雨が降ってきたのですが

気温も暖かいし、ビーサンでいいか。とそのまま出かけたんですね。

 

目的地に向かい、15分歩き続けたところ

あれよあれよと、結構な雨量になってきてしまったんです。

 

無事目的地に着き、びしょびしょになった足を拭こうと見たら

信じられない位真っ黒!

 

都内の排気ガスが多めの場所を雨の日に歩き回ったとしても

足が真っ黒になる事って今までなかったんですが、

 

たった15分雨の中歩いたらえっっ!とびっくりする位足が黒いし

爪の間にもススみたいな真っ黒なものが入り込み

ありえなく見ずぼらしい人になってしまいました。

マンハッタンおそるべし。

 

私は単に買い物目的で出かけたからなんとかなりましたが

ごはんとか行く予定だったっとしたら

足真っ黒じゃ恥ずかしくてごはんどころじゃないですよね・・・・。

 

 

そうそう。ちょっと話は逸れますが、

今回私は民泊をしたんですね。

その民泊した先の家は日本みたく、家の中で靴を脱ぐスタイルの家でした。

 

西洋人なのに珍しいね。思い、家主に聞いたところ

「ニューヨークの道路は結構汚れている為

思ったよりも靴自体汚くなるから、靴のまま入ると掃除が大変なので脱ぐことにした」

と言っていました。

 

それを聞いた時には、「ふーん」って思いましたが

現実に雨の日歩いてみて大いに納得。

 

本当にどろっどろになります。

いや、まじで笑えない位真っ黒になります。

 

 

冬はそもそもサンダルで歩くことないから大丈夫と思いますが

暖かい時期などは雨模様の日、うっかりビーサンやサンダルなど素足に近い履物で歩かない様に気を付けて下さいね。

 

ニューヨークを歩く予定があるならば。

スニーカー。または歩きやすくて足先が出てない靴があると

雨の日も安心して外を歩けますよ。

 

むしろ道が悪い。と観光ガイドに書かれていた事はなんだったのだ。

というくらい道のガタガタは気にならなかったのです。

(ヨーロッパの石畳の方がよっぽど道が悪いと思います)

 

 

実際に私が持って行ったニューヨーク旅行9月編。5泊7日持ち物リスト

 

では最後に

実際に今回9月中旬にニューヨーク行った際持って行った持ちもの全品リストを

こちらに記載します。

 

私のリスト。なのでもしかしたらあなたにとって不要な物もあるかもですが

こんな物持って行ってます~。の例です♪

良かったら参考にして下さい。

 

◆ニューヨーク 気温最低16℃~最高28℃

現地に5泊。

 

洋服類(移動時着ていたもの含む)

 

トップス: 半そで6枚 ・ インナーとしてキャミ6枚・
コットンカーディガン2枚 ・ ジャージー素材ジャケット裏地なし1枚

ボトム: デニム1枚 カジュアルめ黒ロングスカート1枚

ハンカチ4枚(踊って汗かいたら使う用)

寝巻き用: T-シャツ、デニム柄レギンス、ブラトップ 各1枚

下着類: ブラ5枚 ショーツ5枚(生理用2普通3) 靴下4足

靴: スニーカー1足、ビーサン1足、 ダンスシューズ2足

 

この中で着なかったもの:

トップス半そで1 キャミ1 カーディガン1

 

服に関してメモ:

私は夜サルサ踊りに行き、体を動かして汗かくので、服がいつも多めです。

さらにいうとこの分量でも滞在3日目に一度洗濯しました。

 

洗濯する都合上、旅行に持っていくトップスは薄いポリエステル素材の物ばかりです。

体動かす用のない方でこまめに洗濯する場合はトップス類3~4枚位で充分だと思います。

また、レギンスを寝巻きとして持っていくと、そのまま近所に出れたりもして便利ですよ。

 

 

貴重品類:

パスポート原本 ・ パスポート写メ(番号控えておく為)

航空チケット番号印刷 & 写メ(QRコードをスクリーンショット)

地図(スマホに登録) ・ 宿泊先住所(スクリーンショット)

現金 ・ クレジットカード ・ キャッシュカード ・ デビットカード

(行く前に一応クレジットカード利用状況をチェックしておく)

 

貴重品メモ: 

海外では、クレジットカードの手数料が利用者持ちが普通ですが、

デビットカードだと手数料掛からないので数千円位までの買い物は大体デビット使っています。

 

電子機器類:

充電USBケーブル ・ 海外対応コンセントプラグ

スマホ ・ mostsimのsimカード

ノートパソコン

 

洗面用具:

基礎化粧品(洗顔・化粧水・保湿オイル)・ワセリン

櫛(ブラシ)・シャンプー・トリートメント

化粧品類

 

医療品など:

痛み止めの薬・胃薬・生理用品

サプリ(アロエ・プロポリス・シソ)

絆創膏・傷パワーパッド・毛抜き・まち針

コンタクト・目薬・メガネケース

ネイルグルー・ネイルファイル

マスク

 

その他:

エコバッグ ・ 買った物入れる用にサブバッグ

折り畳み傘

小さいはさみ・ペン・紙・クリアファイル

ティッシュ

飛行機用枕(最近は結果使ってない)

暖かめカシミアストール(飛行機内保温用)

ジップロック等ジッパー付き袋

 

ホステルや民泊する方は以下もプラス:

バスタオル1枚・フェイスタオル2枚

スタンド型100均の鏡・めん棒

ドライヤー(海外対応)

洗剤・洗濯ネット・25セント硬貨(コインランドリー用)

 

 

それでは今日は以上です。

では皆さん良い旅を♪

 

 

スポンサーリンク