【ザ・ノンフィクション】私なら即離婚。廃墟の映画館を自宅にした旦那

写真出典元:ザ・ノンフィクション

こんにちは。マグロのとろみんです。

なんと。秋田には日本で唯一、映画館をご自宅にしているご家族がいらっしゃいます。

廃墟となっていた映画館に偶然出会ったのをきっかけに借り上げた。との事。

 

今日はそんな驚きの境遇にあるご家族を追った回。

2020年3月8日放送 ザ・ノンフィクション

映画館に暮らす一家の物語 ~廃墟に移住した切替家の6年~

感想です。

 

映画館が自宅かー。

まじかー。

正直ないっしょ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

正直、最近の【ザ・ノンフィクション】はらしくない

 

まずは今週の【ザ・ノンフィクション】の感想というか

番組自体に思う事。

 

なんか・・・。

 

正直最近

闇を抱えた主人公が出てくる回。

あんまりないですね。

 

光が見えて来るような

希望に向かっている回が多い。

 

 

【ザ・ノンフィクション】なのに

希望や夢がテーマかー。

何か物足りなさ感じるなー。と思っていましたが

 

実は私が感じていた物足りなさは、内容というよりは

実は番組構成にあるのかなぁ。なんてふと思いました。

 

 

闇を抱えた主人公を追う時ならば、

淡々とその人の生活を追っていく。

というのが逆に恐怖や闇を感じさせるのかもだけど

 

重めのテーマではない場合にも

主人公の日常をカメラで追う。

 

という感じの構成にすると

どうも普通だし、抑揚なさ過ぎて微妙。

といった感想を抱いてしまうのかなぁ。

なんて思いました。

 

 

こんな事思う自体

私が闇抱えすぎなんですかね。

 

ま。しょうがない。

私自身 元リアル歌舞伎町住民だし。

 

 

でも。

世の【ザ・ノンフィクション】ファンには

そのドロドロ感を楽しみにしてる人は実際多いと思う。

 

私もあの重さや倦怠感が好きだし

世間の闇とか影を感じながら観るのが好きだったりするので。

 

 

という事で

今回のザ・ノンフィクションもなんだかなー。

な雰囲気ではありましたが

 

でも今回は、

好きな事をこれでもかーーーーと

夢まっしぐらに突っ込んでいってしまう方が主人公で

 

その振り切り方がちょっと共感出来る部分があったので

闇を抱えた回ではありませんでしたが

感想書きたいと思います!

 

関連記事:【ザノンフィクション・半グレ集団ドラゴン汪楠】この問題私達も責任あるよ

 

 

もし、あなたの旦那さんが自宅~約700キロ離れた映画館に住むと言ったら

 

今回の【ザ・ノンフィクション】舞台は秋田県大館市。

そちらに東北唯一の単館映画館があります。

その名も【御成座】

 

そしてその東北唯一の単館映画館には

ご自宅として住まわれている方がいらっしゃいます。

 

日本で唯一、映画館をご自宅にしている

切替一家。

この切替さん達が今回の主人公です。

 

 

【御成座】は2005年に一旦閉館。

廃墟と化していました。

 

そこに、県外に住む切替さんが

偶然やってきて物件内見。

 

内見時、ホールや、映写室がある事に驚き

ここが元映画館だった事を知ります。

 

切替さんは、映画が大好きなのでそこで運命を感じ

ご自宅として借りる事になったと。

 

 

そして

その後、少しずつ改装工事をしてなんと。

 

映画館「御成座」を復活させた。という

なんだかそれ自体が

映画のストーリーの様な経緯をたどった、

なかなか味のある映画館です。

 

 

さて。切替さん、

元々は千葉県に住まわれていたそう。

 

ずいぶん遠くまで引っ越したんですね。

 

ってか、

もし私の旦那さんや父親が急に

「700キロ離れた場所の映画館に住むよ。引っ越すよー」

と言い出したらどうしよう。

 

しかも古すぎて廃墟と化し、お風呂も使えない様な物件です。

 

マジか。

あり得んじゃろ。秒殺「ムリ!」

という感じですが。

 

まず

お風呂が使えない家ってありえないでしょ。

 

銭湯通いって・・・

フォークソングの「神田川」じゃないんだから。

 

というか、

それこそ「横町の風呂屋」に行けるうちはいいけど

最近では銭湯自体、なくなりつつある。

 

近所の銭湯なくなったら大ピンチ!

 

 

そう考えると

家のお風呂が使えないって

かなり綱渡りですよね。

 

石鹸カタカタ鳴る位じゃすまされません。

 

そういう意味でかなりあり得ない。

という事で

私が切替家のお嫁さんであったならば

はい。離婚です。

さようならー。

 

だって。寒さに震えて洗い髪が芯まで冷えるのはちょっと・・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

あれ・・・やばっ。実は私、切替家旦那さんの気持ち理解出来ちゃう!!

 

とんでもハップンなお父さんが

決めた「映画館に住む。」

 

という決断。

 

最初は切替一家も総出でびっくりしたそうですが

結果。

お父さんの決断に従い秋田の「御成座」に現在も住んでいるそう。

 

 

すごすぎ。

うわー。ご家族の方は大変だろうなー。

と思ってしまいます。

 

 

自分の旦那さんが決めた事に「付いていけない」

と、なった場合は離婚も出来るけど

子供の立場だったらほぼ選択肢なし。

 

私が子供だったら

深刻な悩みになるかも。

 

どうしよう・・・・。

 

父親が趣味に走るって色んな意味で怖いですね。

 

うーん。

趣味ねー。

趣味もそこまで入れ込むとやばいって事ですね。

 

 

ん?

趣味?

 

あれあれ?

・・・すみません。

 

ここまで切替さんの旦那さんの事を

「あり得ない」

と言ってきた私ですが

 

私に置き換えてよくよく考えてみたら

 

実は私。

切替さんの旦那さんの気持ち良く分かっちゃうかも・・・・

 

 

だってもし、私が見に行った物件に

鏡張りのダンスホールがあったら

夫や家族に相談なしに

即!借りてしまうと思うので。

 

 

え? ダンスできる環境?

 

これ

超重要ですよ。

 

私にとって、住む場所に

趣味のサルサダンス踊れる場所があるかどうかって重要なんです。

No dance No lifeなので。

 

今回の場合。

もし私が秋田に住むことになった場合。

 

知ってる限り秋田にはサルサ踊れる場所ないので

絶望感に襲われると思います。

寝込んじゃうかも。

 

 

でも。

そんな時。

 

新しく住む土地の物件探し中に

ダンススタジオとか、ダンスホール付きの物件に

偶然

出会ってしまったら・・・。

 

 

容易に想像できますが

目、キラッキラさせて

契約書に判子押していると思います。

 

そりゃそうでしょ。

サルサダンス踊れる場所ない土地に住む。

 

ってなって

もし自宅にスタジオとかダンスホールあるならば

 

そこで練習出来るし

あわよくばサルサパーティーも出来てしまうかもしれない。

はははははーーーー。

 

私。映画館には住めませんが

ダンススタジオには住めます!

 

 

切替さんの奥さん申し訳ありません。

 

私。

完全に旦那さん寄りの人間みたいです。

 

切替さんの旦那さんが、この映画館付き物件に当たった際。

まるで宝箱を開けた時の様な気分だったんだろうなー。

と大いに理解出来ちゃいます。

 

うん。

切替さんの旦那さん!

 

趣味は周りがドン引きする位

やり切った方が良いと思います!

 

私もそうしますっ!!

 

東北唯一の単館映画館「御成座」今後どんな風になるかな


写真出典元:ザ・ノンフィクション

いやぁ。

今週も全然「ザ・ノンフィクション」らしくはない。

とか言いつつも観てしまったのですが

 

趣味に生きる切替さんは好きです。

行けるところまでやっちゃって。という感じです。

 

実際、切替さんを応援してくれている

地元の住民の方々はたくさんいらっしゃって、

 

映画館の経営状態は苦しいのを分かってくれて

上映内容の看板の絵を描いてくれる方がいたり

映写技師が住み込みで働いてくれたり。

 

はたまた

この借りていた映画館、

権利の関係で買い上げる必要が出たそうですが

 

クラウドファンディング通して支援者を募ったら

なんと。

それもミラクル連発で解決出来てしまった。

との事。

 

そういう応援してくれる人達が居る。という事や

目の前に現れた問題をみんなの力で解決出来ている様子を見ていると

 

趣味だって目的を持ってガンガン突き進めば

地域貢献だって出来ちゃったりする。

そんな姿を切替さんは見せてくれているのかなー。

 

と思いました。

 

 

「御成座」は経営していくのに常に綱渡り。との事だし

そのお陰で

自宅部分の改装も思う通りに進んでいないっぽい。

 

なのでご家族は

かなり大変だとは思いますが

 

これからも

頑張ってもらいたいなーなんて思います。

 

 

そんな切替さんの姿をみていて

 

私は大館市にサルサか温泉があれば

旅行がてら実際に御成座に行きたいなー

と思いました。

 

「御成座」基本情報:

住所: 〒017-0044 秋田県大館市御成町1-11-22

電話: 0186(59)4974

ホームページ: http://onariza.oodate.or.jp/

上映スケジュールはホームページで確認出来ます。

 

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

現在「お局経理」の、15歳家出・歌舞伎町「底辺生活」特集はこちら

 

 

スポンサーリンク