超簡単な浪費癖の治し方!ギリギリ貧乏生活から【貯金ゆとりライフ】を手にしよう

こんにちは。お局経理、マグロのとろみんです。

先日よりお伝えしている家計管理。

今回は「貯金したくても支出は減らせないの!余裕がない。どうしたらいいの?」

というあなたに、私の実例を出しながら、ずばり!お答えする回にしようと思います。

ズボラ経理による、貯蓄体質になっちゃおうシリーズ♪今日も行ってみましょ~!

関連記事:

貯金が一気に貯まる【超簡単・シンプル・時短エクセル家計簿】をお局経理が伝授!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

支出。と言ってもそれは「3種類」ある

 

私は、普段から

無駄遣い減らして貯金が増える体質になっちゃおう。

という事を提唱しているのですが

 

なぜ、それを繰り返し言っているかと言うと

収入増やすより、

支出を減らす方が簡単だからです。

 

 

そして。

私自身20代の前半までは貯金が出来ない子でした。

無計画に使っていたんだと思います。

 

でも

ちょっとした見直しさえすれば

月々数千円~数万円レベルで

あっという間に「無駄な支出」を減らす事が出来ます。

 

 

そして、収入増やす事よりも簡単なら

やらなきゃ損。

って事で取り組み方をご紹介している次第です♪

 

 

ということで。

まずは「支出」の種類についてご説明します。

 

 

支出。と一言でいってもそれは

「3つ」に分けられます。

 

 

それは

◆消費

◆投資

◆浪費

 

という3つの使い方です。

 

簡単にその3つの違いを説明するとこんな感じ。

 

◆消費・・・食費・居住費・衣服代など 生活するのに必要な出費

◆投資・・・人脈、経験値、収入など いわゆる財産を増やす為の出費

◆浪費・・・出費しただけで使ってない物、

時間を無駄にしただけの事など目的が不明瞭の支出

 

3つの支出のうち、無駄遣いとは、「浪費」の事。

 

計画なく、突発的に行動したが故に、

結果。必要ないものにお金を払った。という物や、

 

または、付き合いで参加したけど時間の無駄だったね。

という感じの物です。

 

そして「浪費」の特徴として

「浪費」してから無駄遣いだった。という事が分かり後悔する。

というパターンが多い事があげられます。

 

 

けどここでは

そんな「浪費」を

事前に防ぐコツをご紹介します。

 

 

「生活費の中の浪費チェックポイント」

「交際費や習い事等のゆとり費に隠れる浪費チェックポイント」

 

この2つの観点からどうやったら簡単に見つけられるかを

お話します♪

 

大事なポイントとしては、

ゲーム感覚でやること。

遊び感覚でやると、より簡単に無駄遣いって見つかります!

 

 

生活費の中の浪費チェックポイント

まずは生活費。すなわち「消費」と呼ばれる物の中にある

無駄遣いの見つけ方から見ていきましょう。

 

ここで「消費」とは何かをもう今一度おさらい。

◆消費・・・食費・居住費・衣服代など 生活するのに必要な出費

 

 

平たく言ってしまうと、

生活していくのに必要な物だけど、使ってしまえば終わり。という物です。

 

そうやって書くとなんか切ないですが

人間という物は生きているだけで消費せざるを得ない生き物。って事なんですね。

 

 

でもこの「消費」は結構重要なキーポイントで

ここを必要以上に豪華にすると、「浪費」にも繋がるし

逆に「消費」に入るものを節約し過ぎると貧相な感じになってしまいます。

 

 

ただ。

「消費」はある程度計画出来る物です。

なので、

「消費」を「浪費」に変えない為に注意する事としては

 

自分の1日の行動を振り返り、適正量を知る事。

 

これだけで「浪費」をかなり防ぐことが出来ます。

意外と簡単ですね。

 

 

例として2つ挙げます。

ご飯を食べる。

洋服を買う。

 

 

ご飯を食べる。に関して言うと

 

たとえ料理が大好きだったとしても

食べられる量には限界があるし

そもそも作り過ぎたら廃棄しなきゃいけない。

 

 

ならば

一日に食べる量。平日なら夜だけ家で食べるからこの位。

休日は3食家で食べるからどの位必要。

と計画してあげれば無駄な量を買う事もないですよね。

 

 

洋服に関しても

体を動かす仕事だから着替えが必要。だったとして、

多めに買う事を意識していると

気が付いた時には着れない程の洋服が溢れかえってしまいかねない。

 

だから、

一日何枚の着替えが必要で、

洗濯はいつするから、合計これだけあれば足りるな。と計画してあげれば

着ない服を買い過ぎる事はないですね。

 

 

とはいえ

「いやいや。いちいち面倒臭いよ。

そんなに計画しなくても感覚で大丈夫じゃない?」

なんて意見もありそうですが

 

 

いや。

人間って油断するとすぐ浪費しちゃうんですよ。

 

 

普段買い溜めはしない私ですが

コロナのステイホーム期間中は、

あまりスーパーマーケットに行かないで済むように。と

慣れない買い溜めをしました。

 

 

適当にパスタソースと乾燥パスタを買ったんです。

「これくらいあれば充分か。」

と言う感覚で。

 

 

そしたら。

まんまと買い過ぎた様で、毎日パスタ食べる。という事になり

大好物のパスタが嫌いになりかけました。笑

 

というか

しばらく食べたくありません。

 

 

普段気を付けていても

そういう有事の時には無計画になりがちなのね。

なんて反省しましたが

 

人間って未来の事を心配する生き物だから

どうしても溜め込んじゃう性質。なのかな。

なんて思います。

 

だから自分の普段の行動を把握して

必要な量を計算してあげる事が大事です。

 

 

そのほか。

買い物中はついつい目移りしてしまう。

と言う方は、

(ネットショッピング含む)

 

携帯のメモなどにその日買う物。

見る物をメモするのオススメです。

 

私はアイテム数少ないとメモはしませんが

セールに行くときは予算を必ず決める様にしています。

 

パンツ ¥5000程度 ×2本

〇〇の鍋22cm 30%offであれば

みたいな感じで。

 

 

で。それ以外は買わない。

予算内の物がなければ諦める。と決める。

 

セールは本当に危険な場所ですよね。

使わない物買ってしまったら

折角セール行ったのに、定価で買うのより損しているなんて事になりかねないので

気を付けてます。

 

スポンサーリンク

 

 

交際費や習い事に含まれる「隠れ浪費」に注意

 

次に、生活費以外の

交際費や習い事に含まれる「浪費」チェックポイントに移ります。

 

では。

 

ここで改めて「浪費」とは何ぞやの復習です。

 

「浪費(無駄遣い)」とは

計画なく、突発的に行動したが故に、

結果。必要ないものにお金を払った。という物や、

 

付き合いで参加したけど時間の無駄だったね。

という感じの物。

 

さて。

生活費以外の部分である

「交際費や習い事等。ゆとり費」は

個人個人の認識でかなりブレがあり

 

「立派な浪費」なのに

「生活費の一部」と思っていたり「自己投資」

と思ってしまう危険性があるものなので

何気に曲者だと思っています。

 

「隠れ肥満」 ならぬ 「隠れ浪費」

めっちゃ危険!

 

 

が。

この部分の浪費をなくすと

一気に貯蓄体質に近づくので

取り組みがいのあるものです。

 

 

チェックの仕方としては

もし余裕があったら

以前お話した家計簿の3つのバランス

この割合に収まっているかを一度見てあげて下さい。

2割 貯蓄

6割 生活費

残り2割 交際費、習い事等、ゆとり費

 

関連記事:

貯金出来ない貴方の家計簿が即改善!ズボラ経理流「3つの○○」で貯蓄体質になろう

 

 

余裕がなかったらとりあえず

次の「3つの質問」から取り組んでみて下さい。

 

3つの質問

①使ってない物はあるか

②無計画や、気分で決めている物はあるか

③面倒くさい、いやだ。と思っている物があるか

 

 

早速、具体例を見てみましょう。

あ。ここでも宝探しする位のつもりで取り組んでみてください。

その方が楽しいし、改善ポイント見つかりやすいです。

 

使ってない物はあるか

 

月極のサービスなり契約といった

「使っていない事」が見えやすい物は

3か月以上使っていない時点で解除する。

 

もし必要だったらまた契約すれば良いのでとりあえず解約してみる。

という対策で良いと思います。

 

ここではそれ以外で

買ったものの、使ってない物がないか。

を重点的に探します。

 

飲んでいないサプリ、

着ていない服、

使っていない化粧品などなど。

 

とりあえず持ち物全て、

同じ種類の物は同じところに集める。という作業をしてみて下さい。

 

文房具は1個の引き出しに。

化粧品は1つのBOXに。という感じで。

 

別々の場所に置いておくと気が付きませんが集めてみると

 

同じ物が2個あったり、

全く使用していない物があるかもしれません。

 

もし複数持っている物で

使っていない物があったら

「あぁ。自分は何個も買ってしまうクセがあるんだ」

と、覚えておくだけでも効果あるので

良かったら試してみて下さい。

 

 

私は以前、ダンスのパフォーマンスチームに入っていた頃は

発色の良いアイシャドウを見ると買うクセがありました。

特に海外旅行すると安くて発色良い物見つかるので

せっせと買っちゃっていたんですよね。

 

 

あんまり意識してなかったのですが

ある時よく見てみると、化粧品ボックスの中は

使いきれてないアイシャドウだらけ。

 

 

見直しする時は

自分にとって必需品であっても

一旦その考えは置いておいて

 

「複数個」同じような物はないか。

という視点で見てあげると

改善点が見つかりやすいです。

 

 

無計画や、気分で決めている物はあるか

楽しい気分になった時などは

私も感情で物事決めてしまう事はあるんですが

 

それって

浪費以外の何物でもないですよね。

 

あとはむしゃくしゃした時の衝動買いとか。

 

そういうのがあるかどうかを行動振り返ったり

持ち物見渡して確認してみましょう。

 

 

ただ、

衝動買いや、気晴らしで奮発する事は

ストレス解消にもつながるので

あまり厳格にしてしまうと

精神的に逆効果ではあります。

 

 

なので

無理ない程度に見直してみませんか?

というススメです。

 

けど。

「衝動買い」一つ取っても

 

暗い気持ちで衝動買いするのか。

楽しい気分で衝動買いするのか。

 

これは大きな違いです。

 

なので

私は楽しい気分の無計画な出費は

年に1,2回は目をつぶってOKとして、

(友達と毎週飲み歩いてる。など頻度高い場合は、

それ本当に必要か。考えてみてください)

 

負の感情に負けて

無計画に使ってしまう事が無いように

チェックする。

で良いと思っています。

 

 

あ。

もしイライラしてお金使っちゃうクセ発見しても

落ち込まないでくださいね。

 

まずはそういうクセがあるんだ~。

と認識することが大事です。

 

あんまり深く考えるのではなく

「へー」こんな一面が。位に捉える程度でOKです。

 

 

で。

もし、感情的に支出をしてしまう事があるのが分かったら

 

 

対策としては

「欲しい物、使いたいサービスがあっても即決しない」

 

この対策だけで相当防げると思います。

 

私は20代の頃は買い物好きだったのですが

無駄遣い多いなー。と思ってから

 

欲しい!と思っても

2日以上あけて、それでもまだ欲しかった考える。

というちょっとした「縛り」を課した事があります。

 

お陰で無駄な物を買うクセは大分減りました。

 

 

さらに、もう一つのポイントをあげるならば

「~かもしれない」の

「かも」はやって来ない。と覚えておくと

衝動買いが抑えやすくなります。

 

例えばこんな「~かも」達。

 

「着るかも」

「可愛いかも」

「使うかも」

「お得かも」

「必要かも」

「やってみたいかも」

「便利かも」

 

 

ただ、我慢。みたいになるといつか限界来るので

「かも」と思った時には

まず、

「〜かも。キターーー!」と心の中で

叫んでから

 

本当に必要か?

なぜ必要か?を自分に問う様にして

 

使う(食べる)場面や場所。

どの位の頻度で使うかまで想像してあげると

比較的楽しみながら

浪費は減らせると思います♪

 

 

面倒くさい、いやだ。と思っている物があるか

 

なんだかすごい質問ですが

例えば参加したくないのに付き合いで参加している会合や、飲み会。

ありませんか?

 

あとは義務感でやっているけど面倒くさい物。

もしあれば、改善チャンス到来です。

 

自分が嫌だ。と思っているのにお金出しているの、もったいないですよ。

 

たとえお金掛かってなくても

面倒くさい。と思っている時点で時間がもったいないですよ。

辞めませんか?

 

え?付き合い的に断りづらい?

 

まぁ。

断りづらい付き合いって世の中ありますよね。

 

地域の付き合いとか、

会社の付き合い。

親族の付き合い。

 

分かります。

 

けど。

貴方の人生はあなただけのものなんです。

そして

時間は全員、平等に同じだけ与えられるものです。

 

本当にその付き合いは必要か。

一度考えてみませんか。

 

 

ちなみに私は会社の付き合いは

必要最低限参加しますが

 

それ以外は習い事あるとか、勉強しなきゃとか

なんとか言って断る様にしています。

 

あ。最近は理由すら言わなくなったかも笑

 

たまにあからさまに嫌な顏する人もいますが

大抵次の日になると

私が断った事すら忘れてたりします。

 

「すみません」と、

サラっと一言フォローすれば大抵はなんとかなります。

 

 

自分の人生なんだから開き直っちゃえばいいんです。

 

そういう付き合いも楽しめるタイプの人は気にする事ないと思いますが

私はリアルに嫌なので素直になり

自分の時間を大切にすることにしました。

 

私ってほんとに嘘つけない不器用な人間なんですよねー。

 

スポンサーリンク

 

 

浪費減らして賢くお金貯めちゃお♪ まとめ

 

今日は

「無駄遣い」とは何?

 

そしてその減らし方。

について書きました。

 

最後にポイントを復習の為に記載しておきます。

 

 

支出には3つある

◆消費・・・食費・居住費・衣服代など 生活するのに必要な出費

◆投資・・・人脈、経験値、収入など いわゆる財産を増やす為の出費

◆浪費・・・出費しただけで使ってない物、時間を無駄にしただけの事など目的が不明瞭の支出

 

そのうち無駄遣いとは「浪費」の事

 

 

生活費の中の「浪費」チェックポイント

自分の1日の行動を振り返り、適正量を知る事。

 

 

交際費や習い事に含まれる「浪費」チェックポイント

3つの質問をする。

①使ってない物はあるか

②無計画や、気分で決めている物はあるか

③面倒くさい、いやだ。と思っている物があるか

 

 

あ。ちなみに。

色々浪費の減らし方についてお伝えしてきましたが

浪費って多少は必要ですよ。

 

人は意外と、浪費する事でも心が満たされたりするから

多分ゼロには出来ないと思うんです。

 

けど。

折角お仕事してもらったお金を

なんだか分からない物に使っちゃうのはもったいないから

 

この機会に見直して

出来るだけ有効活用で来たら良いですね♪

 

そしてくれぐれも

後ろ向きな気持ちではなく、むしろ宝探しゲームのつもりで取り組んでみてくださいねー。

 

次回は、

減らした浪費は「投資(貯蓄含む)」に回そう!

についてお伝えしますね。

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連記事:お金が貯まる家計簿シリーズ

貯金が一気に貯まる【超簡単・シンプル・時短エクセル家計簿】をお局経理が伝授!

ざっくざくお金が貯まる【自作で超簡単 エクセル家計簿】作り方をお局経理が大公開!

貯金出来ない貴方の家計簿が即改善!ズボラ経理流「3つの○○」で貯蓄体質になろう

 

 

現在「お局経理」実は元ホステス・15歳家出・歌舞伎町時代特集はこちら

 

 

 

スポンサーリンク