【ザマンハッタン幕張ラグジュアリー宿泊記】女一人旅には広過ぎて寂しさ増した

こんにちは。マグロのとろみんです。

千葉の海浜幕張にある【ホテル ザ・マンハッタン】宿泊記第2弾。

2泊目はちょっとグレードアップして「ラグジュアリールーム」に泊まりました。

 

前泊の【マンハッタンスタンダードルーム】と比べてどうだったか。

感想交えつつ書きます。

どちらのお部屋タイプに泊まろうか考え中の、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

 

関連記事:

【ザマンハッタン幕張:スタンダード宿泊記】部屋のビューバスからの景色がNY風で最高!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ホテル・ザマンハッタンは従業員1人1人が温かい

 

連泊した初日にも感動したのですが

ホテル ザ・マンハッタンは本当に働かれている

スタッフさんの意識が高いというか、

 

良い意味でプロ意識高くもたれてお仕事されているのが見えて

こちらの背筋まで自然とシャキっとする感覚があります。

泊っていて気持ち良いホテルです。

 

連泊の2泊目は前日とは違うタイプの部屋を予約したので

お部屋替えをする必要があったのですが

 

チェックイン時、部屋まで案内してくれたのが

たまたま前日と同じスタッフさんでした。

 

そしたら

前日案内してくれたことを覚えてくれていて

「本日のお部屋は、昨日よりも広いお部屋ですし、

フロアもグッと上の階になって、景色もよりお楽しみなれるかと思います。」

 

と言っていただいたり

 

「お荷物コンパクトに1つにまとめていただいてありがとうございます。

お荷物移動するのにすごく助かりました。」

 

と、当たり前の事しただけなのに

お礼を言ってくれたりと、

 

プロ意識高いだけでなく、

ゲストを迎えようとする温かみを感じるんですよね。

 

そのおもてなし感を感じながら

「1つ1つ責任もって仕事に挑まないと

細かい事に気が付けないから素晴らしいな」

と感動したし、

 

私ももっと丁寧に仕事しないとだめだなーって思いました。

このホテルって間違いなく、

リピーターさん多いんだろうなーって思います。

 

そうそう。その部屋替えについて

会話してて笑っちゃったんですが

 

このホテルでは部屋替えする場合、

荷物を前の部屋の中に置いたまま出かける事が出来て、

 

それをスタッフさんが新しい部屋に移動してくれる。

というサービスをしてくれます。

 

で。意外と部屋替えをされる方は多いそうなんですが

飲み物とか、食べ物とか

冷蔵庫に入れたまま外出されてしまうお客さんもいるそうです。

 

そうすると、多分移動とかも大変なんでしょうね。

 

それ故の

「お荷物コンパクトに1つにまとめていただいて」

という発言に繋がったらしいのだけど

 

それ聞いて

「えっ!そんなに自由な人達がいるの?」ってビックリしたし

 

日本だから対応してくれるけど

海外だったらよっぽどの高級ホテルじゃないと

そんなサービスないし

 

多分まとめてない物は次の部屋に運んでくれないと思う・・・。

と、心の中で呟いてしまいました。

 

ま、でも裏を返せばお客さんは

このホテルのスタッフさんに絶大な信頼を置いているから甘えちゃう。

って事なのかもしれないですね。

 

ラグジュアリールームは46㎡で一人じゃ持て余す広さ

 

と。いう事で。

今回は、【ラグジュアリールーム】に泊まりました。

 

前日に宿泊した【マンハッタンスタンダード】が30㎡の広さに対して

【ラグジュアリールーム】は46㎡の広さですっ!

約28畳の広さ。広っ!

姿見が部屋に2つもあるし

冷蔵庫の上にあるカウンターには小さめの流し付き。

洋室でこんな広いところ泊るの初めてかも・・・。

 

今回Go Toトラベル利用したのと、

楽天トラベルでたまたま

ビックリするほどの割引になっているプラン見つけたから

試しに泊まってみたんですが

 

思った以上に広く感じました。

ダンスの練習だって余裕で出来るわー。

 

今まで温泉宿の和洋室なら同じ位の広さの部屋に泊まった事あり、

その時は畳の上でゴロゴロしたりして

結構部屋を有効活用出来たけど

 

洋室の場合。

椅子に座って過ごすからか

部屋の一部しか利用せずに終わってしまいました。

そういえばソファーには座らないままチェックアウトしたかも・・・。

 

一人だとちょっと広すぎて使いきれないなー。

と言う感想です。

 

2人、3人での利用がちょうど良さそうです。

そしてこの部屋だったら広々しているので

ルームサービスの品乗せたテーブルがウィーンって入ってきても

全く邪魔じゃないから

 

お部屋ステイでプチ贅沢しながらゆーーーっくりしたい

という複数名での利用にいいかな。って思います。

 

 

ところでルームサービスは私も利用してみたいな。と思いつつ

大抵割高なので

だったら、レストラン利用しようかな。

って結局思ってしまうのだけど

 

朝ごはんルームサービスはいつか利用してみたいなーって思います。

お休みを満喫しまくっている。

って感じで良いですよね。

 

 

白亜の大理石バスルームとアメニティ類

 

私のルームサービスへの夢はともかく。

 

バスルームの様子と、その設備がどんな感じかを

記載します。

良かったら宿泊の「持ち物リスト」作成の為、参考にして下さい。

 

バスルームはベッドルーム同様、

めっちゃ広いです。

そして全面大理石っ!

浴槽とシャワールームが別々なのに加えて

何故か大きな化粧鏡が壁の両面についているっ!

髪の毛自分で巻いたり

結婚式などの用で自分でセットする時には便利かなぁ。という感じですが

ド迫力の大きさの化粧鏡が壁両面に現れた時は結構びっくりしました。

 

さすがバブル時代に建てられたホテル。

随所にその時代の片鱗が見え隠れします。

 

そして個人的には使い道が良く分からないんだけど

浴槽の窓が開く様になっています。

おしゃべりしながらお風呂に入れるって事なんだろうか。

その割には

「煙探知機が誤作動する事があるので入浴時、ドアは閉めて下さい」

という内容の注意書きがありました。

 

うーん。。。

いつ使うのか謎の窓です。

不思議。

 

 

それにしてもこのバスルーム。

 

広い上、全面大理石造りのせいか

なんとなく雰囲気的に冷たい感じというか、

ガラーンと寂しい感じを私は受けてしまいました。

 

照明が落ち着いた感じなのも寂しさを強調しているのかな?

と思います。

 

このバスルームは

好き嫌いの好みが分かれるかなぁ。

という印象です。

 

個人的にはバスルームは

【マンハッタンスタンダードルーム】の窓付きの方が

キレイな景色も見えてワクワクするので好きです。

 

逆に窓があると落ち着かない。

という方は、こちらのラグジュアリールーム始め、

窓なしのタイプのお部屋を好まれるかな。と思います。

 

その他のバスルームアメニティは

こんな感じで満遍なく網羅されてます。

アワアワ~♪になるバブルバスジェルも付いてますよ。

メイク落としはアメニティに入ってますが

化粧水・乳液を忘れてしまった場合も

フロントにお願いすると持ってきてくれるそうです。

女性にとってはありがたいですね。

 

ドライヤーもしっかり乾くタイプの物を置いてくれています♪

他にもお部屋には備え付けではありませんが

くるくるドライヤーや、ヘアアイロンの貸し出しなどもしてくれます。

 

 

リラックスし過ぎてレストランでやらかすところでした

 

ところで今回はレストランも利用してみたいな。と思って

ディナー付きプランを選んでみました。

 

本来宿泊に夕食が付いている場合、

メインディッシュ以外の前菜とデザートがブッフェタイプなのですが

2020年9月現在はブッフェ中止で

セットメニューのみに変更になっていました。

1人で宿泊しててディナー付きって

何気に浮いちゃうかな。とも思ったのですが

とことんホテルでゆっくり。が目的だったので意を決してディナー付きプランに!

 

結果。

こちらのホテルではあまりおひとり様でも浮くことなく

利用することが出来ました。

 

レストラン全体が見通し良い造りだと

一人利用って変に目立ってしまう事もあるのですが

 

こちらのザ・テラスは細長い作りで、

全体が見渡しずらい感じの構造だったのに加えて

途中に柱もあって、お客さん同士あまり気にならない様な席の配置になっています。

ありがたいなぁ。

 

そして。

スタッフの方々もすごく良く気が付いてくれて

ワンプレート食べると次のプレートをさっと配膳してくれるので

おひとり様でも利用しやすいレストランだと思います。

 

ほぼ満席の19時半利用だったのに

あの気配りはすごいなーって感じです。

 

追加でカクテルもオーダーして

プチ贅沢な時間を

楽しませてもらいました。

 

ところで。

私が席を立つのが早かったのか。

それともお客様にゆっくりしてもらいたい。

との方針でなのか。

 

お料理最後まで出ても

追加したドリンクの会計伝票がテーブルに来ていなかったんですね。

 

で。

 

ま。エントランスに行けば分かるか。

と思い、席を立ちました。

 

その時私、何か考え事してて

ぼーっとしていたのは確かなんですが

 

何名ものスタッフの方々が「ありがとうございました!」って

すれ違いざまに気持ちよく言う物だから

 

こちらも「御馳走様でしたー。」とか言いながら

雰囲気に流されてそのままレストラン出ちゃったんですよ。

 

今思うとあり得ない。笑

 

エントランスで追加注文分の伝票の事を聞こうと思っていた事を

すっかり忘れてしまったんです。

 

で。

フラーっとそのまま考え事しつつ

歩いてたら

すごい速足で後ろから歩いてくる方がいたので

 

振り向くと

レストランスタッフさんが「お客様!すみません。サインをお願いします!」

と言って焦って追いかけてきているところでした。

 

 

そこでハっ!とした私。

 

レストランに戻ってサインを済ませ

事なきを得ましたが

 

本当に申し訳ない。

私がぼーっとしてただけなのに

スタッフさんを謝らせてしまった。

ごめんなさい。

 

っていうかあんたどんだけ顔パス?

有名人なの?

どんだけー?

 

って自分でツッコミ入れてしまった。

気を付けなきゃ。

 

ほんっとにあり得ない・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

このお部屋もパークビューが最高な眺めで気持ちよい

 

気を取り直してお部屋でのオススメ過ごし方。

を書きます。

 

このホテルには海側とシティービューがあるのですが

シティビューも2種類あって、

隣のホテルフランクスや幕張メッセ方面が見える側と、

公園が見える側があります。

 

今回は前日同様、公園側でした。

その公園は、夕方は犬の散歩されてる方が多くて

憩いの場になっているのですが

 

その様子を上から見ていると、ミニチュアの世界見てるみたいですごく楽しくて

私はチェックインしてから暗くなるまで

窓際にわざわざ椅子を移動して

窓へりにパソコン置いて、外見ながら作業してました。

 

そしてそして。

この公園側のお部屋は東向きなので

天気に恵まれればきれいな朝日がみれちゃいますっ!!

 

 

私は旅先で朝日望むのが本当に好きなんですが

なかなか部屋から見れるところって少ないんですよね。

 

それがこのホテルでは公園側であれば

ベッドから朝日が見れます!

なのですごくテンション上がりました。

 

海浜幕張って。

オフィス街であり、ビルはそれなりにある土地なのにも関わらず

ホテル・ザ・マンハッタンの場合

 

隣は公園だし

その向こうは線路だったりするので

見通しがすごく良い場所にあるんです。

刻一刻と空が白み始めて

太陽が昇る様子がバッチリ見えちゃいます。

正直、住むのにはちょっと不便そうな街ではあるのですが

広々した道の幅も好きだし

海風抜けて行く感じも気持ちが良い街です。

 

今回久しぶりに海浜幕張に来てみて、

やっぱり解放感溢れるこの街の造り好きだなーって思いました。

 

今後は機会見つけて

アウトレットに買い物にでも行きつつ散歩したり、

 

お得な宿泊プラン見つけたら

また宿泊しちゃうおうかな。

なんて思いました。

 

ちなみに

東向きの部屋の数はそれなりにあるので

ホテルにリクエストすれば対応してもらいやすいと思います。

 

 

ホテル所在地とアクセス場所

 

最後にこのホテルの所在地に関しての情報記載しておきます。

 

千葉の海浜幕張にある【ホテル ザ・マンハッタン】

高級感を漂わせながらも

従業員の方々の温かみを感じられるホテル。

というところがすごく好感度高かったです。

 

たまにはのんびり過ごしたいな。

なんて思われる方にお勧めのホテルです。

 

ただ。

もし再訪するなら今回泊った【ラグジュアリールーム】ではなく

【マンハッタンスタンダードルーム】に泊まるかな。

おひとり様でも、2人で泊る場合でもそうするかも。

 

景色好きとしてはちょっと部屋が狭くても

外が見えるバスルームがあった方がいいな。と思うし

 

ラグジュアリールームは1人で泊るには広すぎて

なんとなくポツン。という寂しさを感じる。

と言うのが【ラグジュアリー】と【マンハッタンスタンダード】

両方に泊まってみた私の感想です。

 

けど。

ホテルのスタッフさん達は

付かず離れずの絶妙な距離感で、お1人様でもあまり気にせず利用できるので

ディナーはまた付けると思います!

 

今回は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事:

【ザマンハッタン幕張:スタンダード宿泊記】部屋のビューバスからの景色がNY風で最高!

【ザマンハッタン幕張】特大の幸せを有難う♪ザテラスのブランチに癒された女1人旅

 

■ホテル ザ・マンハッタン アクセス

〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-10-1

Tel.043-275-1111(代表)

楽天トラベル: ホテル ザ・マンハッタン お得な予約プラン

公式ホームページ:https://www.the-manhattan.co.jp/

JR海浜幕張駅から大人の足で徒歩5分強です。

アウトレットモールがやっている時間なら、中を抜けて行くと少し近道になります。

 

 

行ってみると意外と気楽な女一人旅♪

実は元歌舞伎町ホステス・現在お局経理の誰にも言えない闇歴史

 

スポンサーリンク