岩盤浴女子必見【海浜幕張:湯楽の里】スーパー銭湯でこの絶景露天風呂は反則!

こんにちは。マグロのとろみんです。岩盤浴と絶景が大好物!

先日2020年7月にオープンした海浜幕張の天然温泉施設【湯楽の里】に行ってきました。

東京湾望む露天風呂に浸かりながら潮風浴びて、本当に気持ち良かった!

オーシャンフロント【湯楽の里・幕張】 天気の良い日に是非。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

【幕張天然温泉・湯楽の里】 全体的な感想

 

海浜幕張に天然温泉施設【湯楽の里】が出来たよ。

しかもお風呂から海が眺められるし、岩盤浴あるよ。

と聞き

 

良い眺め&岩盤浴が大好物の私としては

行かないわけにはいかない!と思い立ち訪れてみました。

 

いやぁ。

海浜幕張ってまだ海沿いの土地、残ってたのね。

ってびっくりする程、海の目の前に建てられた施設でした。

 

施設入ってすぐにドドーンと東京湾が目の前に飛び込んできます。

驚きのオーシャンフロント。

あら。いきなり海!

ってビックリする位。

 

もちろん天然温泉の露天風呂からも東京湾が一望!

施設内レストランからも!

休憩場所からも!

 

屋上スペースからはもちろん!

というかこの施設どこからでも海眺められる解放感たっぷりの造りになっています。

 

駅からはちょっと遠いので車で行くか、送迎バス利用する必要があり

車がない人にとってはちょっと不便なのがたまに傷だけど

 

岩盤浴だってデトックス効果高めになる様な

湿度管理をしっかりしてくれてるし

 

もちろん。

汗かいた後にのんびり横になる休憩所もあるので

 

【幕張温泉 湯楽の里】は、私の

お気に入り岩盤浴リストに堂々ランクインした施設でした。

 

ただ。

1点だけ注意点があります。

 

景色を楽しみたい方には午前中から行く事をオススメします。

 

こちらの施設は西向きに作られていて、

海が真正面なので、日が傾いた夕方は西日が降り注ぐので

日が傾いて来たらブラインドを閉めてしまいますし

 

さらに。

日が落ちて真っ暗になったら、当然海はみえないです。

 

冬だったら日が陰るのも早いから

その場合、私ならオープンと同時に行くと思います。

 

 

大パノラマ露天風呂で潮風感じリゾート気分満載


写真出典:湯楽の里公式ページ

お風呂は本当に気持ち良かったです。

特に海を一望できる露天風呂がリゾート感あふれてて良い感じです。

 

いそいそと体を洗い、

露天風呂へ♪

私が訪れたのはまだ30度越えの日でしたが

 

温泉に入った瞬間。

意外な程に自分の体が冷房で冷えていた事に気が付かされ、

 

夏も冬も体が凝り固まる要因ってあるものなのね。

気を付けなきゃなー。

そういう意味でも年間通じて温泉って利用すべきなのね。

なんて思いました。

 

そんな感じでしばしまどろむと

次第に温泉効果で温まり

心も体もほぐれてほっかほか。

 

ふう。

一旦休憩。とお風呂のヘリに座ると

 

その瞬間、海風がふわっと体を撫で、

気持ちよすぎて自然と一体になり、とろけるかと思いました。

 

やっぱ青い空と海眺めるって気分転換に最高。

 

私、以前は海浜幕張で働いていた事があり、

この海は毎日見ていた風景のはずなのですが

 

視界を遮るものがない大パノラマな風景を数年ぶりに目の前にすると

感動すら覚えて

「またこの土地で働きたいなー。と思ってしまいました。」

 

 

ところで。

お風呂に「マリンスポーツや飛行機の出現に注意。」

と注意書きがありました。

 

時間により(干潮時)

角度的に外から見えてしまう可能性があるので

「注意してください」という意味で記載されていたのですが

 

女性の露天風呂は干潮の時間が近づくと

しっかり目隠しになる物を追加で立てかけてくれます。

 

そういう配慮。嬉しいですよね。

 

ちなみに

マリンスポーツ系は、確かに注意する必要あると思いますが

飛行機からは・・・。

見えるのかなぁ?

 

お風呂の上に屋根も付けてくれているし

見ようとしたところで見えないかも・・・。

 

 

そんな事はさておき。

 

大浴場も解放感溢れる窓付きの造りです。

私が行った日は気温も高かったからか、窓全開にしてくれてました。


写真出典:湯楽の里公式ページ

なので内湯であるのに

気持ち良い風感じながら入る事が出来るようになっていて

それもポイント高かったです。

 

換気。という観点でも

このご時世的には嬉しいですね。

 

 

岩盤浴は湿度管理抜群でデトックス効果絶大

 

お風呂で体を温めたら

いざ!

 

大好物・岩盤浴へGO!

 

岩盤浴エリアは、2階に入口があります。

岩盤浴エリアへのゲートがあり、リストバンドで「ピっ」とかざして

入る様になっています。

 

管理が徹底しているなー。

 

さて。

【湯楽の里】の岩盤浴は、温度は2種類あり、

いずれも40度台と50度位で決して高くないのですが

すごく汗かきます!

 

最初発汗作用が高くてビックリしたのですが

多分、湿度高めに保たれているお陰だと思います。

 

スーパー銭湯系の施設って湿度が低めの岩盤浴が多くて

個人的にちょっと物足りなさを感じる時が多いのですが

 

【湯楽の里】幕張の岩盤浴施設は

デトックス。という意味では大満足でした。

 

ただ本当に、すごい勢いで汗かくので

のんびり寝てしまうと危険だと思います。

様子見ながら、水分多めに取って入って下さいね。

 

私もかなーり意識して水分取りましたが

それでものど乾いたから

自分で思っている以上に全身で汗かいていたんでしょうね。

 

岩盤浴を出たところには

棚があって、ちょっとした荷物を置けるようになっているのと、

 

ご自分の飲み物を冷やせるように

冷蔵庫がありました。

 

私は飲み物は常温派ですが

冷え冷えの飲み物カーーーッと飲みたい方には嬉しいサービスですね。

 

 

しっかし

あんなに岩盤浴で気持ち良く汗かいたのって

岩盤浴専門サロンに行った以来だなー。

 

 

専門店って120分で2千円~ の価格設定が多い中

【湯楽の里】だと入館料にプラス300円(平日)・または400円(休日)で

時間無制限で利用可能な価格設定。

やばいくらいに素晴らしい♪

 

 

そうそう。岩盤浴エリアには

一般のお風呂エリアとは別で休憩所がいくつか用意されています。

 

リクライニングチェアのスペースや

ソファが置いてあるスペース。

床にゴローンって出来るスペースなどなど。

 

休憩場所の内容的には

一般のエリアと変わりありませんが

岩盤浴出てすぐの場所にあるので何気にありがたいです。

(一般の休憩エリアは1つ上のフロア)

 

何度か岩盤浴入って汗もざっとかき

体力使った事から

汗が引いたところで

私もリクライニングチェアに横になりました。

 

が。

ちょっと冷房強めに入っていたみたいで

肩や首が冷えだして

寒くなってきてしまったので一旦退散。

 

体温めに温泉に再び入りに行く事に。

 

私は冷房に弱いうえ

冷えると肩こりとか頭痛がするタイプなので

極端なのかもしれないですが、

 

私の体感気温だと

もうちょっと温度高めにしてくれないと昼寝は無理だなーって感じでした。

 

毛布貸し出し(無料)をして

体くるまってても寒かったので

夏場ご利用の方は冷えすぎない様に注意してくださいね。

 

 

みんな毛布も掛けずに横になってたけど

寒くなかったのだろうか・・・。

 

幕張温泉 湯楽の里・混雑状況

 

私は今回、平日の午前中から行ってきました。

「湯楽の里 幕張」は出来たばかりという事もあり

平日にも限らず結構な人手でビックリしました。

 

午前中はそんなに混んでなかったのですが

13時を回る頃には

休憩処のリクライニングシートは満席に。

 

そのくらい盛況でした。

 

まぁ。

入館の際は全員しっかりと

手のひら消毒しますし、

 

休憩処のリクライニングシートだって

顔周りに被せる、カバーの様な物が椅子に設置されており

飛沫感染対策バッチリ。

その上館内では騒いでいる方もいない。

マスク持っていないと入館不可能。館内でもなるべくマスクしてください。

との案内があり徹底しているので

気にする必要なかったと思いますが

 

ずっと外出控えていた私としては

久しぶりに大勢の人が居るところに行ったので

 

「うーんソーシャルディスタンス」結構厳しい。

と思ってしまい、私は14時には退館しました。

 

本当は館内でご飯食べたりして

もう少しのんびりしたかったなー。

 

 

幕張温泉「湯楽の里」では

電話すると混雑状況を教えてくれるそうなので

心配な方は、事前に電話して聞いてみてから訪れるのも良いと思います。

 

幕張温泉「湯楽の里」 TEL 043-205-4126

ホームページ: https://www.yurakirari.com/makuhari/

*来場者数が多い日は入場制限設ける日もあるそうです。

 

 

屋上でのんびりするのも良い過ごし方♪

 

そうそう。

退館してから思ったんですが。

 

実は屋上は人が少なかったから

屋上でゆるゆるしても良かったかなーなんて思いました。

 

真夏は暑いので気を付けた方が良いと思いますが

季節が良かったら

 

スムージー飲んだり、アイス食べながら

4階の屋上にあるハンモックで幕張新都心のビル見ながら

揺られてても気持ち良いかもですね。

海風抜けるので

猛暑日と直射日光にだけ気を付ければ

夏でも利用できる日、結構あるんじゃないかな。って思います。

 

 

岩盤浴利用するかたは、

2階の岩盤浴エリアにある

「岩盤テラス」のハンモックを使う事も出来ますよ。

 

 

近隣の新習志野【天然温泉 湯~ねる】とどっちが良いか

 

今日は、千葉市にある【幕張温泉湯楽の里】

に行った感想を書きました。

 

この幕張界隈で岩盤浴や、天然温泉施設を利用したい時には

こちらの【幕張温泉湯楽の里】か、

隣駅の新習志野駅にある【湯~ねる】が候補にあがると思います。

 

どちらも金額的には同額レベルなので

行った事ない方はどちらに行くか迷うと思います。

 

私としては、岩盤浴や、展望風呂目的であれば

【幕張温泉湯楽の里】

を断然オススメしますっ!

 

【幕張温泉湯楽の里】のオーシャンフロント露天風呂

は本当に気持ち良いし、

外房や内房に行かずして海が真正面のお風呂って貴重です。

 

岩盤浴も

湿度管理最高。デトックス効果は絶対にこちらの方が良いです。

 

 

一方。

一日ゆるゆるしたい。

ファミリーで利用したい。

という目的であれば

 

こちらの【幕張温泉湯楽の里】よりもスペースが広くてのんびりしやすい

隣の新習志野にある「湯~ねる」をオススメします。

 

「湯~ねる」は漫画が2万冊あるし

漫画持ち込みが可能な岩盤浴室も1つ用意されています。

なので限りなく丸一日過ごせてしまいます。

 

そして子供が駆けずり回っても周りに迷惑掛かりづらい、

広いつくりのせいか

小さいお子さん連れたファミリー利用者も多く見られます。

 

逆に【幕張温泉湯楽の里】は全体的にあまり子供の利用者は多くないかな。

 

 

さらに。交通の便で比べると

【幕張温泉湯楽の里】の場合、駅からは離れている。

【湯~ねる】は駅前にある。

と言う違いがあります。

 

【幕張温泉湯楽の里】では施設と海浜幕張駅間の送迎がありますが

夕方5時位過ぎると、送迎サービス終わってしまうので

送迎以外の時間で利用したい場合は、

時間貸しレンタサイクル、民間バス、タクシーなどを使う必要があります。

 

でも。【幕張温泉湯楽の里】の駐車場は無料なので、車がある方にとっては

逆に行きやすい施設かな。と思います。

 

 

もう一つの新習志野「湯~ねる」は

駅から徒歩1分なので公共交通機関でのアクセスはすごくいいですし

 

駐車場もあるので車でも行きやすいですが

利用時間7時間超えると駐車場代がかかります。

(宿泊者は翌日12時まで無料)

 

 

ざっくり言うとそういう違いがあるので

是非。目的により使い分けてみて下さい♪

 

関連記事:

幕張メッセから5分!イベント後の疲れが全部吹き飛ぶ温泉&岩盤浴【湯~ねる】

絶景が好きならオススメのスーパー銭湯

女子旅プチ贅沢!熱海日帰り温泉。海を一望する露天風呂で心の洗濯

 

【湯楽の里】に持って行くと便利な物

 

では、【幕張温泉 湯楽の里】を利用してみて

持っていたた方がいいな。と思った物をリストにしておきます。

良かったら参考にしてみてください。

 

【湯楽の里】に持って行くと良い物

 

①羽織る物か、替えのTシャツ

 

これは岩盤浴利用する方へのオススメですが、

岩盤浴では結構汗かくので

そのまま濡れた岩盤浴着来てると体が冷えます。

 

私は汗かいた後

冷えてきちゃったので一旦温泉に浸かって温めてて、

その後は濡れた岩盤浴着は着ずに

自分の服着て一般の休み処でゴロゴロしてました。

(岩盤浴エリアは岩盤浴着 着用必須)

 

他のお客さん達は汗かいた後、

濡れた岩盤浴着を着たまま

「涼冷洞」という冷え冷えの極寒部屋で涼んだりしてたけど

なんで平気なんだ・・・。

 

私だったら冷えておかしくなってしまう・・・。

 

 

②タオル

 

館内には貸出タオルはありません。

150円で販売している物を購入するか、

ご自分の物を持って行くかのどちらかです。

 

私はバスタオル持っていなかったので

購入したのですが

 

販売されていたのは、昔懐かしの銭湯で貸し出している様な

ペラッペラの微妙なタオルだったので

 

価格自体は安価ではありますが、

あれだったら多少荷物になっても自分の物持って行った方がいいなー。

という感じです。

 

③ブラシ

 

髪の毛とかす櫛とか、ブラシ類はありませんでしたので

なので必要であれば持って行った方が良いと思います。

 

そういえばこの数年出来た新しい施設では

ブラシ類置いてない施設が多くなってきてるな。と思います。

 

④靴下 ・岩盤浴着の下に着るインナー(女性)

 

気になる方は。という程度ですが

皆さん館内裸足で歩かれているので

気になる場合は、靴下お持ちになると良いかと思いました。

 

館内、フローリングの部分も結構あるので、

冬は素足だと寒いかもしれません。

冬行く場合は私もマストで持って行きますね。

 

 

あと岩盤浴利用する女性で

持って行った方が良いよ。というアイテムは

スポーツブラか、 ブラトップ的なインナー。

 

岩盤浴着の下に何もつけないのは

ちょっと気になるので

私は持っていっています。

 

スポンサーリンク

 

 

【幕張温泉 湯楽の里】までのアクセス・クーポン情報

 

最後に【幕張温泉 湯楽の里】までの

アクセス方法について書いて終わりにしようと思います。

 

あ。お得になるクーポンも見つけたので

リンク貼っておきますね。

ニフティ温泉(外部ページに飛びます)

 

【幕張温泉 湯楽の里】所在地:

〒261-0022 千葉県千葉市美浜区美浜26(JFA夢フィールド内)

TEL 043-205-4126

公式ページ:https://www.yurakirari.com/makuhari/

 

電車でのアクセス

JR京葉線海浜幕張駅から歩くと約20分かかります。

送迎バスが駅から出ています。

バス時刻表はこちらから

 

ただ、30分に一本程度。

そして【幕張温泉 湯楽の里】から海浜幕張駅行きの最終便は17:45です。

 

なのでバスがない時間は、シェアサイクル使うのも1つの手です♪

ハローサイクリング: https://www.hellocycling.jp/

 

JR海浜幕張から湯楽の里のバス利用する時は

駅の南口(幕張メッセ方面)を出て真っすぐ進み、

正面にある建物「プレナ幕張」にぶつかったら右方向に進みます。

大きな通りに出たら左手に進むと、

バーガーキングがあり、その前に青いバスが来ます。

 

お車でのアクセス

東関東自動車道(下り)湾岸習志野ICより車で約10分、湾岸千葉ICより車で約5分

湾岸習志野IC方面からまずは「JFA夢フィールド」目指します。

「美浜園」という交差点でJFA夢フィールド敷地内に入り

そのまま数百メートル進むと施設と、駐車場が見えて来ます。

*駐車場無料

 

【幕張温泉 湯楽の里】

〒261-0022 千葉県千葉市美浜区美浜26(JFA夢フィールド内)

TEL 043-205-4126

営業時間 9:00~24:00(最終受付23時)

料金:

入館料 大人980円(平日)・1200円(休日)/子供450円(平日)・500円(休日)

岩盤浴:入館料プラス300円(平日)・400円(休日)

公式ページ:https://www.yurakirari.com/makuhari/

 

 

 

ではでは皆さん良い温泉タイムを♪

今日は以上です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

行ってみると意外と気楽な女一人旅♪

実は元歌舞伎町ホステス・現在お局経理の誰にも言えない闇歴史

 

スポンサーリンク