【ザノンンフィクション】私も逢いたい!神出鬼没の幻のシフォンケーキ屋「ちゃんちき堂」

写真出典元:ザ・ノンフィクション
こんにちは。マグロのとろみんです。

言い切ります!妥協がない哲さんのケーキが美味しくなわけがない!

 

今日の【ザ・ノンフィクション】を観てて率直にそう思いました。

私の母はケーキの先生の資格持っており、

普段から焼き菓子が家にある家庭に育ったので

母が作れる感じの菓子類であれば

「わざわざ食べに行きたい!」と思ったりしないものなんですが

 

今回の主人公哲さんのシフォンケーキは特別だと思うー。

画面見ただけでそう思えました。

青梅の幻のシフォンケーキ。探しに行く旅に行きたいわー。

 

2021年1月17日放送【ザ・ノンフィクション】
シフォンケーキを売るふたり ~リヤカーを引く夫と妻の10年~

感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

IT企業ナンバー2の座を奪った病気

 

今回の主人公は久保田哲さん。

東京都青梅市でシフォンケーキを売り歩いています。

 

「リアカー」を引っ張り

カウベルをカランコロン鳴らしながら、歩いて売る行商スタイルが

哲さんの売り方です。

 

 

毎日歩くルートが違うので、まず見つけるのが大変。

「幻のケーキ屋」とも呼ばれている

不思議なケーキ屋さん。

 

不思議なんだけど

腕は確かな様で、非常にリピーターが多いケーキ屋さんだったりします。

 

皆、哲さん見つけると

「わー。久しぶりに見つけられたーやったー。」

と言って買っていくんですね。

その名も「ちゃんちき堂」 

 

今日もどこかを歩いて行商しているはず。

 

 

さて。

哲さんは現在のシフォンケーキを売り始めるまでは

全く違う業界で仕事をしていました。

 

IT企業でバリバリ働いているサラリーマンでした。

赤字部署を次々を黒字部署に変えていった凄腕の持ち主です。

30代で会社のナンバー2になるほどの実力でした。

 

でも会社の人間関係に悩まされ、哲さんは今から16年前に

うつ病を発症してしまったそう。

 

病気の影響で会社も去り、

自分はダメな人間だ。これも出来ない。あれも出来なかったと

自問自答を悶々と続ける日々。

 

同時にこんなもやもやしている状態では

生きている意味を失ってしまう。という事も自覚していて

さらなる空回りが続く日々。

 

 

本当に苦しかったけど

何とかしなきゃ。

何とかしたい。

 

自分が地に足をつけて出来る何かを・・・。

と考えて

 

 

何か小さくて良いから人の役に立つ仕事をしたい。

という事が見え始めた時。

 

奥さんのお義母さんが作るシフォンケーキに目が留まった。

 

 

お義母さんのケーキ

ものすごい美味しい!

だからこれをリアカーで売ろう。

 

そう決めたんだそう。

 

さらには

リアカーを使って売り歩く方法にすれば元手が掛からない上、

歩くのはうつ病回復の手助けをしてくれる。

 

そう思って始めたのが今のリアカーで販売するようになったきっかけ。

 

そんな哲さんと、哲さんを支える奥さんを追ったのが

今回の放送内容でした。

 

 

会えたら良い事あるかも♪ カウベル頼りに哲さんを探せ!


写真出典元:ザ・ノンフィクション

「なんか良い事ありそう♪」

「今年は幸先良さそう。」

 

哲さんを見つけてシフォンケーキを購入するお客さんは

次々にそう言って買っていきます。

 

「うちのシフォンケーキは焼き時間短いのでしっとりしてるんです。」

と人気の秘密を語る哲さん。

 

確かに。。。

テレビに映るケーキをみると

 

目が細かい!

これは、しっとりしてそうだし

柔らかそう。

 

思わずツバをごくりと飲み込んだわ。

 

うちの母もシフォンケーキ作るのは好きだけど

母のシフォンケーキは焼き目はしっかりしている。

 

だから焼きたてを手でちぎると

まだ水分があるせいか

ちぎった部分がシュワシュワーっと音を立てて割けていき

 

食べた時にもプルプルした感じが残っていて

メレンゲ感を満載に感じられるんだけど

 

時間がたって水分が抜けるとパサっとした風味になってしまう。

 

それを考えると

哲さんのは焼き時間短いって事なんで

水分も、より残っているだろうし

 

卵で作ったメレンゲを大量に使っている性質上

焼き時間が短い方がフワフワのプルプルになるんだろうなー。

 

そりゃー冷めても

柔らかく水分が多めに残っている哲さんのケーキはうまいやろー。

 

きっと焼きたては柔らかすぎて

取扱いが難しい位フワフワしてるんじゃないかな。

 

 

おいしそうだなー。

私も食べてみたい~~。

 

 

それはそうと・・・

「会えてよかった~」と言って

ケーキ買っていくお客さんや

 

その日のルートをSNSで探し

今どこにいるかも分からないのに

わざわざ見つけて来てくれるお客さんを見ていて

 

哲さんのケーキは確かに絶品なのかもしれないけど

それ以上に何か大きな魅力があるんだろうなー

と思わさせられた。

 

ただ美味しいだけだったら

ぶっちゃけ他にもお店はあるだろうし

神出鬼没な哲さんじゃない方が

安定した店舗で買った方が好きな時に購入出来るじゃん。

 

よっぽど哲さんって魅力がある方なんだろうなー。

 

一体どんな魅力がある人なんだろう。

私も是非お会いしてみたい。

 

そんな風に考えながらテレビを拝見していてハッとしました。

 

スポンサーリンク

 

 

人生って言霊なんだよね。自分の望むように進むんだね。って思っちゃった。

 

哲さんはケーキ屋を始めると決めた時。

 

うつ病に苦しむ中

「小さくて良いから、人に感謝される事を始めたい。」

そう決めて、

その気持ちが原点となりケーキ屋を始めた。

 

というエピソードを番組の冒頭でお話してくれたと思うのですが

 

 

そうやって決めた哲さんのエピソードを

今一度頭の中で思い浮かべてたら

私には「人生って言霊なんだよね。」って思わざるを得なかった。

 

 

当然、

美味しいケーキを作る努力や研究を続けているからこそ

お客さんがついてくれるんだろうけど

 

それ以上に

「小さくて良いから、人に感謝される事を始めたい。」

 

この決意が

形になって表れたからこそ、

お客さんはわざわざ哲さんを探して買いに来てくれるんだろうな。

 

私はそんな事を思いました。

 

どういう事かというと

商売って色んなやり方あるでしょ。

 

利潤追求型とか

人の為になる事を追求する方法とか

はたまた自分の為にやるパターンとか。

 

目的、規模によりそのやり方は異なると思うし

どれも正解だと思う。

 

企業で例えると

企業理念と言うか。そんな感じの物に通ずるんだと思うんだけど、

 

どの方向を向いて

どんなことを目標に進んで行くか。

 

これが哲さんの場合は

「小さくて良いから、人に感謝される事を始めたい。」

だったと。

 

で。その目標定めたからこそ

人から感謝されるってどういう事かな。

とか考える様になるし

 

自分だったらどんな商売してて

どんな感じの人に対してありがとうって言いたいって思うのかなー

とか考えてその方向性で試行錯誤して行くと思うんです。

 

で。

色々やった結果、

結果的にそれがお客さんに伝わって

応援してもらえるようになったんだろうなーって心底思いました。

 

だから、お客さんから「ありがとう」って言ってもらえるのも

そうなりたい。って自分で決めたからこそ

もたらされる結果。

ってことなんだなと。

 

 

やっぱり自分がどうなりたいかの将来像を

自分で決めて

その方向に向かって行けば

必ずやそこに辿り着ける様に人生出来ているのかと。

 

哲さんの生きざまみててそう思いました。

 

逆に自分の中で決めない限りは

幾ら願おうが

降って湧いたりしないってことかー。とも思いました。

 

 

これからの時代、

自分が何者で、どんなことをしていて

誰に何を向けて生きているのか。

 

そんな事をハッキリと表現できる人であるほど

生きる幅が広がるんじゃないかなーなんて事を最近考えていた矢先だったので

哲さんの生きざまは

なんかすごく説得力がありました。

 

 

そして。

うつ病って、無理し過ぎるとまた再発する可能性がある病気だそうなので

無理し過ぎない程度に

これからも生きていってほしいな。

 

と既に哲さんを応援している私が居る事に気が付きました。

 

だって。

哲さんって目標設置したら何が何でも達成する。

と決めてガツガツ進んで行くから

ちょっと頑張り過ぎちゃう時あるんじゃないかと心配なんですよね。

 

多分哲さんの場合は達成基準の高い目標設定しがちの方なのかなー

って事を私は思いました。

 

ある特定の日に「今日は30km離れた奥多摩に行く」と決めたら雨がバーバー降ろうが

びしょ濡れになりながらも、

時折雨宿りしながらいつもの様にリアカー引きつつ辿り着いてしまう精神力の強さ。

 

またある日は

奥さんが池袋でイベントを行う応援にリアカー引っ張って

50km歩いて行く。

と決めた哲さん。

 

不特定多数の知らない人が居る場所が苦手な為

前日から精神的に負担がかかり、体調不良まで起こしていて

思う様に進めないのにも関わらず

 

当初の到着予定から遅れる事数時間。

ついには奥さんが待つイベント会場に到着しちゃうんですね。

 

いやー。

私だったら諦めてしまうけどな。

という事を成し遂げてくれます。

ほんとすごいんです。

 

しかし。

池袋のあれは北口?と見られるところから

反対側に行こうとする時、

恐らく100メートルとか迂回すればリアカー通れる道があると思われるのに

無理やり地下道に向かう階段をダダダダダン!とリアカー引っ張って

 

「奥の手です」

と言って強行突破している哲さんにはビックリしたぞ。

下りはまだましだったけど

昇りでリアカーを必死の形相で一段一段引っ張り上げながら進む様子を見て

 

流石に猪突猛進過ぎだろ・・・。

えーーー。なんで迂回せず階段下りちゃったんだろうこの人。

って半分引いた私だったけど

 

まぁ。

そんな不器用な一面をもつ哲さんだからこそ

決して妥協せず、材料からこだわった

お客さんが喜んでくれるケーキを作れるんだろうな。

なんて思いました。

 

 

ってめっちゃファンになっとるやーん。

やっぱこの人、人としての魅力が大きいのかも?

そうかーやっぱ旅好きな私としては

一回青梅を散策しつつ会いにいかなきゃなー。

 

 

でも。コロナ中は通販利用なのかなー。

そんな事を考えた本日の放送でした。

 

最後に哲さんと奥さんのケーキ屋さん

「ちゃんちき堂」情報張り付けておきます。

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

「ちゃんちき屋」通販サイト

https://chanchikido.official.ec/

 

あ。現在問い合わせ殺到中だそうで

しばらく日時指定ができないのと、発送までにお時間いただいているそうです。

 

もしお近くにお住いの方は青梅にある

「カフェ ころん」を訪れて食べる。という方法もあるそうです。

〒198-0083  東京都青梅市本町117-12

コアタイムは11:00~18:00 木曜日定休

スケジュール詳細:facebookページ

 

 

 

現在「お局経理」、実は15歳家出・元歌舞伎町ホステス 特集はこちら

 

 

スポンサーリンク