とろみんです。こんばんは!

この夏はダンス旅に2ヶ所行って来たんです。
まずはシンガポール。

どんなイベントに行ってきたの?

日本からのお客さんも結構多かったSingapore Latin Extravaganzaというイベントに行ってみました。

シンガポールという国自体小さい割りに

大きなイベントが年に2回。
それ以外にもちょこちょこと、ヨーロッパ等の有名ダンサーを呼んでイベントやっているみたいですね。

最近ラテンダンスのイベントは結構盛り上がっているようです。

 

大きいイベントって言うけどどんな規模?

メイン会場はイスを満席に並べて700席
他2会場ありメインの1/3位の大きさの部屋がありました。

土曜日がメインの日だったのですが
その日のショーの時間は会場一杯に並べられたイスが足りなくなり立ち見のお客さんが出る程
の人手でした。

 

 

土日は
昼間、ワークショップが3部屋にて同時進行して行われており
どの部屋のワークショップも受けたくなってしまうような内容で選ぶのが大変でした。

日本では中々受ける機会がない
Kizomba, Afro Cuban, West Coast swing,  Musicalityなどのクラスが結構あったので
私はそれらのクラスを中心に受講。

それぞれのクラス共結構混んでて
受講者の学ぶぞ~~~!!の熱気というか、勢いが全体的に結構感じられました。
中規模のクラスだと大体2クラス同時進行。と言う感じなので3クラス同時開催だし、それぞれのクラス受講人数的には結構大きいイベントなんだなーって思いました。

 

レッスン動画紹介
キューバで生まれたルンバという種類のダンス。キューバ人でもルンバを踊りこなすのは難しい。
と言われていて日本ではあまりルンバクラスって受けれないので難しかったけど良かった~~~
このダンサーさんのショーも本当に素晴らしかった。

 

ソーシャルの時間はどうだったの?

ショーが終わったあとソーシャル(ダンスタイム)だったのですが
これまた3フロアでそれぞれ違う種類の音楽が流れる部屋という趣向。

おー。すごい。
アジアで3部屋別々の音楽って規模は初めてだったかも。
最近ヨーロッパだとたまにあるんだけどね。

2部屋に分けるのは結構あるよね。
Salsa と Bachata room.

今回はSalsa と Bachata、Kizombaルームに分かれていました。
ヨーロッパで大人気のKizomba。さすがシンガポールから比較的ヨーロッパが近いせいか
Kizomba踊れる方結構いて
「そうか。。。やっぱり皆踊れるのね 私も勉強しないとな」って思ったなー。

 

全体的にどんな感じだったの?

ショーのレベルはかなり高いレベルです。
地元のトップチームともなると本当にビックリする程のレベル。同じアジア人とは思えません。

ラテンダンスだけじゃなくて、小さい頃からダンスをやる子が結構多いと聞いたから
ダンスの基礎力が高いのかもしれませんね。
色んなダンスをやっていればその分経験値も多いだろうし。

 

動画紹介
シンガポールの老舗ラテンダンスカンパニー
これはラテンフージョンとでもいいましょうか。様々なジャンルが混ざった振り付けです。

実はこの中の1人に対して
「珍しくバランス崩すとこあったな。。。そんな事あるんだね」なんて思って観てたんですが
相当足痛めてた様で、その後足引きずって会場外を歩いてるのを見かけました。
怪我。しないのが一番なのですが、そんな状態でのこの踊り。プロ意識とメンタルの強さを見せ付けられたショーでした。

 

 

 

ソーシャルはショーと比べるとそんなにビックリするレベルじゃないかな?
普段の人口が少ない分、ソーシャルを踊る機会がどうしても少ないのかな?
という印象。
だけど、上手な方は音楽をちゃんと聞いて踊っており音で遊んだり
ムーブメントを入れたりとして表現力やアピール度は日本人よりも高いな~って印象でしたね。

 

ショーの時間は会場全体で盛り上げていて
見ている人もその場を楽しもう!という雰囲気がとても高く素晴らしい姿勢だな。と思いました。
お客さん側も楽しもうとするって大事ですよね。

 

 

関連記事:シンガポール旅 ごはん編♪
さすが多民族国家なだけあり色んな種類の食べ物が沢山あり、どれも本当に美味しかったです。

シンガポール旅行記グルメ編