完全期待ハズレ【ザノンフィクション】フィリピン系ホスト・レオの父親探し

画像出典元:ザ・ノンフィクション

こんにちは。マグロのとろみんです。

タイトル的にはかなり内容が気になった

今回のフジテレビ系ザ・ノンフィクション。

はっきり言ってノンフィクションの良さが出てない回だったかも。

うーん。残念。

もう一度 お父さんに逢いたい ~ホストの僕とフィリピンパブ嬢の母~
2020年2月16日放送 感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まじか。久々の【ザ・ノンフィクション】期待はずれ回

フジテレビ系ザ・ノンフィクション

もう一度 お父さんに逢いたい ~ホストの僕とフィリピンパブ嬢の母~

端的に感想を言うと・・・
私が期待しすぎたのかもしれないけど
全くの期待はずれ。

人としてクズな人物が出てくるわけでもなし

今回の主人公であるホストのレオ君の
ホストとしての奮闘記が見れたわけでもなし。

【ザ・ノンフィクション】的なドロドロ感も
泥沼に飲み込まれそうな暗さもなし。

単に23歳の男の子が父を探した。
という感じの放送でした。

 

そんな今回の放送をザクッと説明するとこんな感じです。

舞台は静岡。

 

13歳までフィリピンで育ったレオ(23歳)が主人公。
現在の職業は大阪のホストクラブ。

レオは4人兄弟だが
「父親は全員別々」という境遇。

 

レオ君は日本に移住した当時会ったきり、

連絡が取れていないお父さんに

10年ぶりに会いに行こうと
父を探す旅に出ます。

 

レオ君は日本に来た当時、

全く日本語が話せなかったそうなので

当時お父さんとコミュニケーションが取ることが出来なかったそう。

 

なので実際に父と「会話」するのは
今回が初。

という感じ。

 

境遇としては
いかにも「ザ・ノンフィクション」っぽいと言えますし

 

大阪ミナミのホスト。

というレオくんの職業背景的にも

申し分ない「ザ・ノンフィクション」ぽさを漂わせていたので

放送をワクワクして待っていましたが

あれーーー?な感じでした。

 

関連記事:

そうだホストと言えば!私ホスト行くためにトイチで借金した事あります

 

 

ザ・ノンフィクションにはもう少し影のある子を求みます

画像出典元:ザ・ノンフィクション

わたし的に期待はずれだった
「ザ・ノンフィクション」
~ホストの僕とフィリピンパブ嬢の母~

 

その理由は今回の主人公レオ君が置かれた境遇と

 

家庭内の間に温度差が感じられたからかもしれません。

 

現在ミナミのホスト。

4人兄弟の父親が全員違う。

13歳で日本に来てなかなか馴染めなかった。

という背景をもつレオ君。

 

いかにも親や世間に対して
斜めに構えてしまいそうな育ち方をしているのにもかかわらず

 

テレビに登場したレオ君は

自分を表現するのが下手そうだなぁと

いう一面を見せるものの

 

お母さんと仲良くしゃべるとてもいい子。
という感じでした。

 

そのへんが「あれーーーー?」と思った大きな理由の1つ。

 

さらに。

レオくんのお母さんも底抜けに明るい。

 

どれくらい明るいって
テレビみてて私

思わずつられて笑ってしまった位です。

 

レオくんが父を探したい旨を

母親に伝えたときも

 

あっさり「え?そうなの?電話番号あるよ」
「掛けてみる?」
とゴソゴソ電話番号出してくる。

テレビカメラに対しても

レオくんのお父さんがどんな人だったのかを

特に隠すことなく説明。

 

今回のノンフィクションの番組のタイトルを見たときは、

何か闇を抱えている人が

闇に向き合い葛藤するんだろう。

と言う事を想像していたけど

 

レオくんのお母さんのあっけらかんとした様子から察するに、

もしかしたら

レオくんが勇気を出して「お父さんに会いたい」と

言葉にしてさえいれば
もう少し早く答えは出ていたって事かな。

と思ったんですね。

 

ということから
境遇はノンフィクションっぽいけど

結果、明るいお母さんに育てられ、

いい子に育った子。

 

という印象を受けたので

ノンフィクションっぷりが全く感じられず
残念。という感想です。

 

ノンフィクションっぽくなかったところは残念でしたが、

レオくんとレオ君の母親の

親子関係的には仲良い様子は

微笑ましかったし

 

レオくんのママのあっけらかんとした態度が好感持てました。

 

私、ノリのいい人は好きなので、
レオくんのママとは普通に友達になれそうです。

 

レオ君のママはフィリピン出身ですが

温かいところの出身の方はやはり

明るい方が多いんですねー。

 

そういえば、先日。

私もフィリピン出身の同級生に10年ぶりに会いましたが

 

20代前半の頃、その同級生は

どちらかというとハイブランドとかに興味のある様な

 

少し近づき難い感じを

かもち出している人だったのに

 

先日あった時は「何でも笑い飛ばせば問題なし!」

のごとく、カラカラーと明るく笑っていて

 

「ホントの彼女の姿はこんなに明るかったのかー。」

 

なんて思ったことを

レオ君のお母さんの明るい様子みてて

ふと思い出してしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

私がレオ君だったらグレてたと思う

 

私としては、期待はずれ回だったと思った放送でしたが
一方。

私がレオくんだったら。

と考えると

 

彼の抱える劣等感を理解できる部分は大いにあるな。

と思いました。

 

13歳でフィリピンから日本に引っ越してきて

言葉の壁にぶつかったレオ君。

 

今でも思うように言葉が出てこなくて葛藤を感じるときがあると、番組では言っていました。

 

実は私自身12歳の時。
家族で海外に引っ越したことがあります。

 

それは英語圏だったけど
当時、私は全く英語出来なかった為

 

引っ越して最初の半年間は

授業中も何も理解出来なかったし

現地の学校に行っても周りのクラスメイトとは

挨拶を交わすくらい。

 

そんな状況ではあったのだけど

私の場合はレオくんとは違い

周りは皆移民してきた子たちばかりでした。

 

 

なので言葉が出来なくとも不安は感じなかったんですね。

 

けど。

もしその時、クラスで一人だけポツンと

他の国から引っ越して来たという状況であれば

 

私も間違いなく

レオくんの様に言葉の壁を感じずにはいられなかっただろうし

 

それにより学力や

普段の生活に対する劣等感を沢山抱えることになったかもな。と思います。

 

特にレオ君が引っ越してきたのは
10年前の静岡。

外国人だって今より少なかったことが容易に想像つくし

 

外国人が少ないという状況であればあるほど
見た目で目立ってしまうから

 

思春期のレオ君的には人の目もきになり
行動範囲すら狭まってしまったかもしれない。

 

ほんと

明るいママの元に生まれて

良かったね。レオ君。

って感じです。

 

ザ・ノンフィクションはやっぱりドロドロしてて欲しい

今日はフジテレビ系ザ・ノンフィクション

もう一度 お父さんに逢いたい ~ホストの僕とフィリピンパブ嬢の母~

 

2020年2月16日放送 感想を書きました。

 

ノンフィクションっぽいドロドロさが足りず

はっきり言って期待はずれ。

とも言える回でした。

 

 

番組の最後では

それまでなかなか成績が出なかった

ホストとしての仕事でも

見事ナンバーワンになる。

 

という場面が映し出されてましたが

そのへんも

 

レオくんにどの様な心の変化があったのかとかも

見れたら嬉しかったな。

という感じです。

 

 

やっぱザ・ノンフィクション的には

葛藤に対して苦しんだりする主人公が見れると

私としては嬉しいです。

 

今日は以上です。

読んでいただきありがとうございます。

 

現在「お局経理」15歳家出・歌舞伎町「底辺生活してた頃」特集はこちら

 

 

スポンサーリンク