とろみんです!

釜山中心部では便利な地下鉄が走っています。

料金も安いし、駅から地下道が伸びている駅も多いので冬寒い時も便利だったりします。

 

その反面、地下鉄だと遠回りになる場所もあるんですよね。

 

荷物が多かったり、天候が悪いときはタクシーでサッと目的地に向かいたい時もありますよね。

 

プサンのタクシー事情についてまとめてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

タクシー料金

(2016年現在)

一般タクシー:
初乗り 2800ウォン(2キロまで)
以後 143メートルごとに100ウォン
深夜20%割

模範タクシー:
初乗り 4500ウォン(3キロまで)
以後 160メートルごとに200ウォン
深夜割なし

 

 

 

乗車の仕方

 

日本を同じく手を上げて合図。

挨拶←これ大事
そして行き先を告げるんですが、

*先に行き先に行ってくれるか聞いたほうがいい場合があります。
詳しくは「タクシー乗車時気をつける事」参照。

 

 

タクシーがスタートしたら必ずメーター倒したかは確認しましょう。

私だけかも知れませんが。。。。

模範タクシーはあまり街中で見ることはなかったです。

数的には駅のタクシー乗り場では見るくらい。な印象ですね。

 

ev185133306_tp_v

 

 

 

ちなみに。一言韓国語講座乗車編。

 

●● 가 주세요.(●●へ行ってください。) ●●カ ジュセヨ

여기서 세워주세요.(ここで停めてください。)ヨギソ セウォジュセヨ

여기서 내릴게요.(ここで降ります) ヨギソ ネリルケヨ

 

 

発音的にあんまり自身ないな~なんて思う方は予め地図を出しておく。
ハングルで書かれた住所を記載しておく。

 

そして、行き先の電話番号を用意しておく。 *大分役立ちます
(タクシーの運転手が分かるように市外局番から。)

 

タクシーにはカーナビが乗っている方多いんですが、

直接行き先に電話してどうやって行くか確認する運転手もいるんですよ。

なんで。電話番号必要かと。

 

ちなみに道で人に場所聞いた時もよく「電話番号ある?」

と言って掛けてくれたりするので

電話するのは主流なのかもしれません。

 

 

タクシー乗車時気をつける事

 

世の中で言われている、海外で乗る際は料金チェックをしっかりね。

とか、車体が綺麗なのを選んでね。とか一般的な事はちょっと除いて

釜山での特徴や気をつける事を書きたいと思います。

 

 

乗車時間帯に注意

 

昼間や逆に夜も深まる時間帯だと特にそんな事は起きない傾向にあるのですが

夜22時を過ぎてバスがなくなってくる時間帯から終電が終わってしばらく。

 

この時間帯は近い距離だと
乗車拒否される事がすくなくありません。

 

なのでタクシー停めてからまずは、
乗せてくれるかどうかを運転手に確認した方がいいです。

 

窓開けてくれるのでそこから行き先を行ってみましょう。

 

ちなみにその時間帯にどしゃぶりだったとして、大きな荷物を持っていても
距離を稼ぎたい運転手さんにはあまり関係ありません(^_^.)

 

強引に乗って行ってもらおうとしても

容赦なくお断りされ、降ろされます。笑
↑実体験

 

実際地元の方でもその時間は
車で10分位の距離だとタクシー捕まえるのに非常に苦労している様子を見るので
そういうもんだと諦めて他の手段で行くのも手です。

昼や深夜は基本的には普通に乗せてくれます。
ただ、深夜はどんな運転手なのか見て、選んで乗るように気をつけましょう。

 

ちなみに同時期釜山に行った知り合い10名位の間でも

全員と言っていい程、

乗る時間と距離。コレ気をつけないと乗せてくれないね。

と話題になっていました。

 

 

特徴:

韓国で一番熱い性格の方々が多いと言われている釜山。
勿論運転手さんも例外ではありません。
ゆっくりしていると急かされかねませんので、リズム良く乗車して行き先を告げましょう。

man-229646_640

 

ちなみに、熱いのかせっかちなのか。はたまた港近い街の特徴なのか。
きっと全てなんだと思いますが。。。。

本人達からしたら普通にしゃべってるつもりでも、皆さん

結構調子が強い喋り方なので、

乗車拒否の際も初めてだと怒られているんじゃないかとびっくりすると思います。

 

 

でも海近い地域って日本でもどこでも強い調子でしゃべる傾向にあるので、
あまり気にする事はないと思います。

 

ま、裏表のない素朴な方が多いので
そういった面からもストレートな表現をしているだけで、悪気はないんだと思います。

 

釜山出身の知り合いが何名かいますが

現在30代後半より若い年齢の方に限っては

マイルドな方も多いので年齢や職業による違いもあるのかもしれません。

 

 

地元の地域特性や、背景を知ると色々見えてきて旅行がさらに楽しくなりそうですね♪

 

 

 

 

関連記事もどうぞ

 

寺と神社の違いは?神社へ行かない方がいい日がある?

 

 

韓国旅行記、グルメ(夜食、軽食編)

 

 

 

スポンサーリンク