【ザノンフィクション】銀座Nanaeママ再登板。惚れた!ホステス時代に会いたかった

写真出典元:ザ・ノンフィクション
こんにちは。元歌舞伎町ホステス・マグロのとろみんです。

もうコロナパンデミックから1年以上経つんですね。

 

その間に我々の考えとか生活って大きく変わったけど

あまり夜出歩く習慣がなくなった今。

 

夜の街って今後どういう感じの方向で発展していのかなぁ。

お客さん戻るのかなぁ?ってすごく興味があります。

またあの賑わいって戻る日がくるんだろか。

 

【ザ・ノンフィクション】2021年5月2日放送

銀座の夜は いま… ~菜々江ママとコロナの1年~ 感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

待ってました。銀座高級クラブ「Nanae」再登板♪

 

今回の【ザ・ノンフィクション】主人公は

銀座歴20年のホステスである

「Nanae」ママ。

 

2018年に高級クラブ「Nanae」をオープンしました。

 

3フロアもある店内は

内装費5億円をかけて作られ、

営業中はピアノの生演奏が入ったりと

本当に今では珍しい位の

正統派高級クラブ。すごい!

 

女性スタッフが50名もいて

高級クラブでこの規模は相当の大箱です。

 

他にも美容にも事業を拡げて

全部で7社もの会社を切り盛りされています。

 

7社もの会社って

かなりの敏腕経営者ですよねー。

 

Nanaeママは

バラエティー番組でも出演されてたり

Youtuberでもある方なので

知ってらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか。

 

 

さて。

前回、【ザ・ノンフィクション】が密着した時には

コロナ前から2020年4月までの様子が放送内容でしたが

 

今回はその後の1年を追った回です。

 

 

前回の放送内容はこちら

【ザノンフィクション】元ホステスが「銀座Nanae」ママに学んだコロナを生き抜く術

 

Nanaeママお久しぶりです!YouTube拝見してたよ

 

前回、ちょうど一年前。

2020年5月。

 

Nanaeママが

【ザ・ノンフィクション】に初登場しました。

 

その時の放送では、

1度目の緊急事態宣言が出て

店を休業しなければならなくなった場面で番組は終了してました。

 

「これから色々模索して頑張っていく。」

という感じの締め方で終わっていたので

 

うわー。

街から人が消え

店が開けられないってもうお先真っ暗じゃない。

って思ったし

 

一体どんな方向で進んで行くのだろう?

銀座で20年生きてきた

百戦錬磨のNanaeママだって、

 

さすがにどうにもこうにも出来ないんじゃないか。

という風に思った事を覚えています。

 

 

だって。

今までの歴史の中で戦後、

一度でもあるんですかね?

飲食業やエンタメがこんなにも長い時間営業しなかった歴史って。

 

確実に初めてだと思う。

 

 

で。

そんな中でも金策に走りながら、

会社を守ろうと

従業員と何度もこれからの方向性に関して打ち合わせをし、

 

 

外に出れないならば。と

 

外とのつながりを途切れないように

SNS配信の回数を増やしていたNanaeママ。

 

 

私もたまにだけどyoutube拝見させていただいてました。

 

コロナでオープンが延期になってしまっていた

美容サロンからの配信見た時には

おー。無事オープン出来たのね。とちょっとした感動があったし

 

 

ネットで炎上した元タレント「てんちむ」さんを雇う事にしたのを知り

ちょっとビックリしたり。

 

他にもお店の女の子と対談しながら

話してる動画などは

明るい雰囲気のお店なのかなー?とか想像出来たり。

 

Nanaeチャンネルは

ママが今どんな状態なのかが分かって

ママの事を知らない私が観てても結構楽しませてもらえる様な内容だったんですよね。

 

 

でも

銀座のホステスさんって

今まで私生活を明かさないのが常識というか

生活感ない。のがホステスさんっぽい。とされていたので

 

ママが色々配信する事で

「銀座」の品格を汚すなとか言われて

炎上する事もあったそうですが

 

私はママをYouTube見ることで

元気にやってらっしゃるのかな。

なんて事を思っていました。

 

っていうか。

品格を汚すなって叩かれるって

ホステスって職業はそんなにプライベートの事晒したらいかんのだろうか。

どんだけ浮世離れを求められてるのかしら・・・。

 

出口が見えな過ぎてみてるこっちの気が滅入るわ

 

さて。

蓋を開けてみたらじゃないけど

【ザ・ノンフィクション】で2回目の登場をしたNanaeママの様子を見たら

 

まだまだどん底じゃん!

というか、状況さらにキツクなってるじゃない!

って事が分かって。

 

あら。私完全にyoutube動画の中のママしか見てなかったわ。

お気軽過ぎるわ私。って反省したわ。

すみません・・・。

 

まぁ。考えてみたら

そりゃーそうよね。

って思うんだけど

 

 

緊急事態だってもう3回だされてしまって、

 

やっと営業再開できたと思ったら

時短。とか

再び緊急事態宣言。とかで

 

この1年まともに営業出来てないんですよね。

 

営業してもしなくても

クラブの維持費だけで

毎月2000万円以上かかっているそう。

 

さらには。

当然、営業出来ない間、

辞められた従業員さん達も結構いた様で

 

新たに雇用した黒服さん達が

 

折角来てくれたお客様に対して

行き届いた対応をすることが出来なかった。

なんて時期があったり。

 

 

色んな意味で

全般的に、にっちもさっちもいかないし

 

動いたら動いたでまた壁にぶつかるしで

精神的な打撃が相当きつそうな勢いでした。

 

会社を運営していくってだけでも大変なのに

人を雇うって大変だわ・・・。

 

特にエンタメ系とか夜営業する業界って

経済的なショックが起きる度に

客足への影響が顕著だもんね。

 

 

今回はウィルスが引き金になり経済ストップしちゃったわけだけど

 

いつまで続くのか分からないまま

活動を必要以上に制限される。

というのが1年も続いてる。って思ったら

 

はぁ。

観ててこっちが精神的に病みそう。

と、なぜか関係のない私が気分ガタ落ち。

 

リアルに将来に対して真っ暗な気分になったわー。

 

 

もうね。

Nanaeママ、こんなに長期間苦しい中、よく行き倒れないなー。

 

そして他の飲食業の人達も

良く生き残ってるなぁ。

すごいなぁ。と言うのが正直な感想。

 

メンタル強すぎる。

 

何か行動したうえで上手くいかない。

という場合だってキツイし、辞めたい。と思うんだけど

 

その行動する事を制限されている状態って

計り知れない苦しみがあるだろうし

 

見えない出口を探して彷徨い続けてるって

もう自分がどこに向かってるか分からなくなる時があると思うんですよね。

 

正直私だったらそんな状態で

「待て」と言われても待てない。

 

精神的におかしくなって引きこもりにでもなってしまうかも知れん。

Nanaeママ精神力つえーな。

 

スポンサーリンク

 

 

Nanaeママの爪の垢煎じさせてもらいたい

 

とにもかくにも

未曾有の自体に直面し

 

行動すら制限され、

もう手の施しようがないでしょ。っていう状態の中、

 

それでも

「育ててくれた銀座に恩返しをしたい。」

という熱い気持ちを忘れず

 

「絶対にお客様が戻ってきてくれる銀座を保つんだ」

と言い続け

 

何か出来る事はないか。

と模索し、前見て歩こうとするNanaeママに惚れました。

 

 

世の中夜の街に対しての誹謗中傷、

そして「辛いなら店畳めばいいじゃん」

 

みたいな意味不明な発言多いですが

それって他人事だから言えるんだよね。

 

って私は思います。

 

中には、コロナ流行始めに

思い切って店閉めたところもある様だけど

 

現実的には

そうそう畳めないと思うんだよなー。

夜逃げじゃないんだから笑

人を雇う責任ってのがあるしさ。

 

 

まぁ。

それは事業形態にもよるから一括りでは言えないよね。

 

 

あと、

今まで良い思いしたんだから

ザマー。みたいな意見も世の中では時々聞くんだけど

 

正直。

水商売って働ける年数短いからね。

そして全員が全員稼いでるわけじゃないからね。

 

最終的にサラリーマンの方が

生涯の中で稼ぐ金額多いケース、ざらにあるのよね。

 

 

水商売って補償ないから収入途絶えたら

ほんと貯蓄にしか頼る事出来ないしさ。

 

そしてお店でお客さん接客する時には

当たり前だけど絶対に笑顔で迎えるから

「あら。やっぱり潤ってるの?」

みたいに捉える人がいるのかもだけど

 

それって来てくれたお客さんに楽しく遊んで行ってもらいたい。

って思ってのプロとしての行動してるだけなのよね・・・。

 

なーんか

そういうの知らずにテレビの報道だけ見て鵜呑みにしてる方もいるのかもだけど

 

私個人の意見を言うならば

なんとかこのコロナ期を乗り越えた時、

 

またお客様を銀座で出迎えている

Nanaeママが居てくれたらいいな。と思いました。

 

まだまだ心労が絶えないかと思いますがNanaeママ、

ご自愛ください。

 

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

現在「お局経理」、実は15歳家出・元歌舞伎町ホステス 特集はこちら

 

 

スポンサーリンク