その節約損してる!3ステップで無駄省きお金貯まらない状況から卒業する方法

こんにちは。踊るファイナンシャルプランナー マグロのとろみんです。

こんな事ありませんか?「時間」も「お金」も大事。時短や節約の為に

時短テクとか節約テク駆使してみたけど結局お得だったのか微妙。って事。

 

今日はそんな微妙な時どう判断していくかについてお話しします。

日々忙しい中、節約を頑張っているあなたのお役に立てたら嬉しいです。

では行ってみましょー。

 

スポンサーリンク

 

 

 

それ、節約してる風で時間もお金も損してます。

 

節約って意外と難しくないですか?

私は節約するのに頑張った事あるんですが

色々工夫しているうちに良く分からなくなってしまう事があり

やりすぎって良くないな。

と思う事があります。

 

例えば

隣町まで10円のニンジンを買いに行くために往復1時間かけて出向く。

という事があったとします。

 

というか。

こういう事昔してました私。

リアルに片道30分かけて、しかも車でガソリン代を使い

特売の魚 数十円の為に隣町行ってました・・・。

 

でも。ある日

1本10円の物を買う為に1時間かけていたら

無駄だなぁと思ったんです。

 

というのも

時給換算したらスッゲコスト掛かってるじゃん。

って。

 

例えば

時給900円だったとしたら

にんじんgetするコストは910円。

 

それならば1本100円のニンジン買ったとしても

家から10分の場所で買えばコスト400円。

 

安い物を買おうと思ったのに

時間もお金も無駄になっているので本末転倒だな。

という事に気が付きました。

 

 

なんでこんなことが起きたかというと

にんじんの「値段」にだけ目がいって、トータルコストを考えなかった為です。

 

これは節約に対する大きな

間違いポイント。

 

今までやっていた節約の考え方が間違っていた。

という事が分かった瞬間はリアルにショックでしたが

今はそういう状況に陥らない様に気を付けていることがあります。

 

それは「得られる価値を3つの角度から見てあげる」。

という事です。

 

 

3つのステップでトータル的にお得かを検討する方法

 

料金的な事ばかりを気にして

「節約してる風」だった私。

 

料金的にはお得でも

自分の労働力を無駄に使うのはもったいない!

という事に気が付いてから以下の3つの視点から

本当にお得なのかどうかを考える様になりました。

 

1.費用

2.時間

3.クオリティ

 

この3つの観点で価値を計算して、

バランスを見てあげて判断する。

という事をしています。

 

 

比較方法はこんな考えで取り組んでます。

 

1番目の「費用」に関しては

 

自分がその作業をする際の「時給」を使ったり

外注利用の金額、

必要なレンタル代や

その物の寿命が来るまでの年数で割って出した年額、

維持費

などなどケースバイケースで比較対象は何を使ってもOKです。

 

 

2番目の「時間」に関しては

 

何分かかるかを比較しても良いし

やろうとしていた事を諦める選択肢があるならば

その諦めた場合を「ゼロ」とし、

決行する場合の案は時間をプラス加算していく。

 

と言う方法も分かりやすいかな。

と思います。

 

また、

宅配や、外注を利用する場合は

その間に他の事をしていられるので

「マイナス〇分」としてトータル時間から引いて比較してます。

 

 

ちなみに

3番目の「クオリティ」という項目。

何故にこれが入っているかというと

単純に同じ値段でも「クオリティ」が違う事が世の中多いからです。

 

同じ300円のお惣菜でも

店によりクオリティ違いますよね。

 

サービスとかもそうですね。

同じ1000円のクリーニングでも会社によりクオリティ違いますよね。

 

 

ただし、このクオリティ。ちょっと曲者で、

 

「この治療受けたら治った。」とか

「この方法取り入れたら時短成功。」など効果が分かりやすい物や

 

環境とか、技術者の経験、技術力とか、設備といった

スペックの部分は比較しやすいんだけど

 

 

それ以外の感覚や好みといった部分は

受取る私達側によっても印象が違うものなので

判断するのに難しい時があります。

 

私ごとではありますが

判断するまでにどうしたらいいものかと迷った事が最近あったので

それを事例にお話ししようと思います。

 

 

あ。ちなみに

 

注意点としては

ザックリ見てあげるという事。

 

この3つの角度で見てあげる時に

あまり細かく考えると比較する事に時間を掛けてしまい勿体ないです。

 

 

先ほどのニンジンのケースで言うと

 

「実際どの位まとめ買いすれば隣町行っても良い?

どれどれ。キャベツ80円。コロッケが1つ40円。それを買っている時間は30分。

けどこの商品はいつものスーパーで買おう。・・・」

と言って細かい計算をしなくて良い。

という事。

 

「隣町のスーパーは野菜が安い事が強み。

けど、その為だけに行くと時間が掛かり過ぎだから何かのついでの時だけにしよう。」

と決める。

 

この位ザックリでいいです。

目的はどっちの方が金銭的な得があるのか。また、

どの位の時間が得られるかを把握したうえで

自分で選択できるようにする事です。

 

別に安いだけを選ぶのが正解ではないです。

案②の方が安いけど、案①の方がクオリティーが高いから今回はコッチ。

という選び方でもOK。

大事なのは比較して知った上で選択をする事です。

 

 

交通費と時間使っても他県に髪切りに行く事を決めた理由

 

さて。

私が最近判断迷った事例は「美容院選び」でした。

 

以前は住まいから近めのところに通っていましたが

他県に引越しをした事で

新たに美容院を探す必要が出てきたんですね。

 

 

けど

美容院選びって値段や、時間以上に自分の好みや裁量が入るし

やってくれる方の技術も影響するので

まさに先ほど見た

 

3つの要素

1.費用

2.時間

3.クオリティ

 

全て比較してあげる必要がある。

 

さらには

「マッサージ屋行ったらコリがほぐれた。」

とか

「英会話通ったら海外で会話が出来る様になった。」

等、効果があったねと判断しやすい物に比べて

 

やってもらう側の感覚で効果を見るから、

例え同じ仕上がりでも人により満足度が異なってくるという

 

判断するのに「クオリティ」要素が結構強く出る物かなぁと思います。

 

ある人にとっては満足。

でもある人にとっては気に入らない。

みたいな事が起きるわけですね。

 

そして利用する頻度がそれなりに高いから

満足できない事があるとストレスになる。

 

 

何気に難しいです。

で。

迷った結果。私は時間をかけて

元々通っていた他県の美容院に通い続ける選択をしました。

 

その時に比較したのがこんな感じ。

 

私自身たまに髪質改善カラーをやっている。というのもあるけど

以前私の担当美容師さんが

「“カラー”とだけ書いてある場合、店により質も商品も異なるので

実は値段だけでは比較できない。」

 

と話していたのを思い出し、材料の質自体にあまり差がなさそうな

髪質改善カラー(酵素カラー)に絞り

どれだけ違うかを比較する事にしました。

 

すると施術代は安めの美容院を選んだとしても

4,400円違う。

 

でもこの4,400円埋められれば近所の店に行った方が良いな。

と思い比較続行。

 

すると施術代差額の4,400円から

交通費を1,100円を差し引いた残りの差額は¥3,300。

 

以前から通っている店に行くには

近所の店に行くよりも片道30分余分に掛かるんだけど

 

その30分、電車の中で調べものしたり

本読んだりすれば別に無駄じゃないよね・・・。

と考え、今回は時給換算はしていません。

 

さらに。

残りのクオリティの部分だけど

これに限っては新しい店の場合、実際に行かないと分からないですが

 

少なくとも前から通っている店は満足している。

「失敗されること」はない。

 

くせ毛の私の髪質をしっかり理解して

まとめやすい様にカットしてくれる。

 

 

また、コスト意識が高いお店なので

お客さんの回転率が高い=短時間で完了する。

と、私としてはすごくポイント高い。

 

本当に従業員さんみんな作業が超早いです。

アシスタントの方もコスト意識を植え付けられているので

 

髪を切ってシャンプー台に移動してる間にササーーーっと

切った髪は履かれるし

 

ケープ用意するのに裏に行く際も

ササーーーっと小走りで移動して

超無駄ないです。

 

 

私は美容院で

「やたらと時間をかけてサービスされること」

が嫌いなので

すごく有難い限り。

 

そういう自分の満足度を照らし合わせ、

近所にそういう店あるかなぁ?

と考えてみたけど

 

美容院難民になるのは時間が勿体なさ過ぎるし

そもそも金額的にも以前から通っている店の金額はめっちゃ破格。

 

もし近所の店でのんびり時間かけられたら

それこそ時間の無駄になるし

そもそも混んでたら待ち時間とかあるからそれも無駄よねー。

という事を考え

 

移動時間は1時間余分にかかるけど

金額的にも安価だし

サービスは満足しているんだから

 

今回は金銭面を優先して通おう。

という決断をしたのでした。

 

 

プロ意識高いのも通い続けようと思った理由

 

ちなみに。

引越しをして、近所に安くていい美容院あったらそっちに移ろうかな。

と考えていた時

 

いきなり通いなれた美容院にサヨナラするのもなんだかな。

と思って

 

引越しした旨を伝え

これからも引き続きお願いしたいと思っている。という意思を伝えた上で

 

以下の内容をフンワリと聞いてみた事があります。

 

・忙しい時期は近所の美容院に行ってしまう事があるかも知れない。

・別のお店の手が入るとやりづらさとか感じるものか?

 

 

そしたら

その担当さん。

「もちろん、忙しい時にわざわざ来る必要ないから近所行ってください。

髪の毛ってその日に切りたい。って思ったらその日に行きたいじゃないですか。」

 

「僕たちはよそに行かれる事を気にしているのではなく

いつ、どんな施術をしてどの位の期間が経っているを教えて欲しいだけです。」

 

「それが分かればどの位の強さや、どの色味の薬を使えば良いか分かるので

対処できるんです。」

 

と。

そんな事を言ってくれました。

 

その方は美容師であり、

数店舗展開しているお店のオーナーでもあるので

経営者視点でそういう事を話してくれたのかもしれませんが

 

それにしても

そいういう考えで居てくれるならば安心して通えるから

 

「私は可能な限りこの店通おう。」

と思ったのでした。

 

ちなみに通常のカット&カラーで今通ってる店と、近所を比べたら

施術代+交通費で1000円位の差額だったので

髪質改善カラーしない時は偵察がてら気になった店に行ってみるかもです。

ってオイッ!笑

 

スポンサーリンク

 

 

大事なのは比較した上で自分にとっての最適を選ぶこと

 

今日は節約してるつもりでも

実は損している。

時間を無駄にしてる。なんて事が起きない為にはどうしたら良いのか。

という事をお話ししました。

 

私が気を付けている事は3つの視点で比較してあげる事。

1.費用

2.時間

3.クオリティ

 

とはいえ、一番大事なのは

これらを比較したうえで

その時の状況に応じて選択する。という事です。

 

時間に余裕があるから金銭面優先したい。というなら

時間を多少犠牲にしても良いと思うし

 

時間に余裕ない。というならプラスアルファ払って

時間を優先する。という選択しても良いと思います。

 

 

私もその時々で自分にとって一番いい方法を選んでます。

「今回は時間余裕あるから 青春18きっぷでノンビリ旅行。」

とか

「今回は趣味のダンス関連遠征だから絶対に遅刻はなし。

お金掛かるけど前泊で現地入りだ。」

とか。

 

そんな感じで目的別にフレキシブルに考えています。

 

値段だけに目を向けると

節約なのかどうなのかが分からなくなってしまいがちなので

トータルで見るクセ付けると

生活全体に余裕が出来て、段々削って良い物、削らない物も決まります。

すると段々お金が貯まる速度も速くなるので

良かったら参考にしてみて下さい。

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

何か分からないことがありましたらご連絡ください。

 

 

実は元歌舞伎町ホステス・現在お局経理の誰にも言えない闇歴史

 

 

スポンサーリンク