【ザノンフィクション】女性タクシー運転手まじ尊敬。過酷過ぎて私なら1日で逃げ出すわ

写真出典元:ザ・ノンフィクション
こんにちは。マグロのとろみんです。

女性の社会進出。日本でも進んでる様だけど、やっぱり性別で向き不向きってあるよね。

今回の【ザ・ノンフィクション】密着したタクシー運転手という職業は

やっぱ女子向きじゃないよね。なんて事をどうしても思ってしまう。危険っしょ。

フツーに考えて。女性でやってる人すごすぎ。どういう対策取ってんだろ。

 

【ザ・ノンフィクション】2021年5月16日放送

東京、タクシー物語。~シングルマザーと新人ドライバー~

後編の感想です。

 

前編はこちら

私も乗車希望コロナ渦疲れた人の癒しシングルママタクシー運転手

 

スポンサーリンク

 

 

 

3回の緊急事態宣言にもめげず今日も都内を走るよ

 

前回に引き続き主人公は都内でタクシードライバーとして働く

恭子さん(45歳)

6歳の娘さんを持つシングルマザーです。

 

離婚した事がきっかけとなり

「もっと稼げる仕事をしよう。」と

 

仕事を探し始めた時に見つけた

「保育所新設」 の文字。

 

それを見て

「行くしかない。」と、前職の映画館マネージャーを辞め、

まだ幼かった娘こころちゃんを連れて茨城から上京。

 

2018年にタクシードライバーになりました。

 

月収手取りも30万円を超えて、

これで娘を育てていける。そう思っていた恭子さん。

 

ところがその矢先。

コロナで緊急事態宣言発令。

 

街から人は消え、夜のネオンも消え、光るのは

タクシーの「空車」サインばかり。

 

稼げる。自立できる。と思って来たのに

手取りはガクンと減り

月々15万円を切る状態。

 

お先真っ暗。

このまま生活はどうなってしまうんだろうか。

 

勤めるタクシー会社も

創業以来初の赤字。

最終赤字額8000万円。

 

それでも明けぬ夜はない。

そう信じて、もがき進み続ける恭子さんを追いました。

 

 

恭子さんやっぱり良い人やー。また泣かされたもんね


写真出典元:ザ・ノンフィクション

てかさー。

恭子さんのその素晴らし過ぎる人柄に

前回に引き続きやっぱり泣かされてしまった。

 

前回の放送でも

この方、懐深いなーとか

滲み出てくる人間性の高さを感じて

会ってみたいなーって思ったけど

 

ほんと恭子さんて素敵な方だ。

 

 

それは、娘さんのこころちゃんの

小学校の入学式のあと。

 

こころちゃんに対して書いた手紙を読んであげるシーンでした。

 

 

その手紙の内容はこんな感じ。

いつもばぁばを大切にしてくれてありがとう。(同居してます。)

こころ、お母さんはいつも思ってることあって、

 

自分を幸せにするのも自分。

自分を悲しくさせるのも自分。

他人のせいなんかじゃない。

 

だから自分の為にお勉強頑張って欲しい。

 

嘘はつかない様にね

おてんとうさまはきっとみてるからね。

 

恭子さん。

コロナ渦で収入めっちゃ減り、

精神的に穏やかではないだろうし

金銭的にも確実に余裕ないと思うんですよ。

 

 

そういう状況の中。

 

娘さんにこんな素敵な手紙を書いてあげられるって

どんだけ人間出来てるんだろ。

って思って。

 

毎日毎日を大事に生きていて

家族とのつながりを第一に考えている恭子さんだからこその

 

この暖かい空気感なんだろな。

と思ったら私ポロポロ泣いてました。

 

 

人が人に対して愛情を持つって

素晴らしい事なんだなぁーって。

感動したわ。

なんだろこの無償の愛的なものは。すげーなー。

 

もうさ。

恭子さんはカウンセラーとか

育児系のセミナー講師しても充分食べていける気がする。

 

タクシードライバーって副業しちゃいかんの?

そっちも並行して進めてみるとか

どうなんでしょ。

 

女性でタクシードライバーって過酷な職場選択と思うわ

 

さて。

コロナ渦。閑古鳥が鳴きまくっているタクシー業界なんですが

 

恭子さんの働く会社にも

新人が入社してきました。

 

うち2名は女性。

 

 

女性ドライバーが増えてきたとはいえ

女性は全体の3%位。

と言われているタクシー業界。

 

まだまだ珍しい存在です。

 

というか。

入社を決めた女性2名に対して

すごい選択したなー。と思いました。

 

 

まぁ、男性にとっても

腰痛めたり、不規則な勤務時間から体調不良になる方もいるみたいだから

たやすい仕事ではないよねー

って思ってたけどさ

 

女性でタクシードライバー選択するって

相当すごいなーって思ってしまう。

私には出来んわ。

 

 

まず。

ドライブレコーダー付いているとはいえ。

車って密室だから

なんかあった時に怖いな。って思ってしまう。

 

日本のタクシーって防犯用の衝立とかついてないよね。

 

乗って来るまでどんなお客さんか分からないから

怖いよね。

 

なんかあったら自分で全部判断して

対応しないといかんしね。

 

 

特に夜中。

場合により、女性ドライバーって分かった瞬間に

態度変わる方もいるじゃない。

お酒入ってたりするとさ。

 

もっと言うとお酒云々じゃなくても

そういう横柄な人、一部いるだろうなー。

 

そういうリスクがある中

どうやってメンタルや安全性保ちながらやってるのかしら。。。

 

一回変な目にあったら

しばらく立ち直れないだろうしね。

 

とか考えただけでゾっとする。

 

あと

仕事中仮眠するのだって

女性だと場所選ぶ必要あるだろうし。

 

まぁ。色々気苦労ありそうだなぁ。

なんて事を思うわけですよ。

 

というか。

私は最近、昼寝したとしても、夜中起きてるって事が辛すぎるので

夜勤とかしたらきっと3日位体調悪くなると思います。

そういう体のリズム整えるのも難しそうだなぁ。

 

 

あと、

変な話、トイレ事情とかどうなっているんだろう。

とか考えてしまう。

 

いや、普通にトイレ行けばいいじゃんって問題じゃなくてさ。

 

女子だと生理ってものがあるでしょ。

 

正直きつい時あると思うんだよなぁ。

 

 

ちょうどトイレ行かなきゃ。

ってタイミングで長距離のお客さん拾ったりした場合どうしてるんだろ。

 

途中でトイレ行ってお客さん待たせるとかありなのかな?

もしNGだったら

 

お客さん降ろす頃にはシート、

完全汚れちゃうよね。

って思う。

 

オフィスで働いてる分には

長そうな会議。って分かってればそのように準備するけどさ。

 

それだってハラハラする時あるのに

 

自分のタイミングでトイレいけなくて

シート汚しちゃって

んでそれ会社に言わないって訳にいかんだろうから

そういうの言わなきゃー。とか思うと結構メンタルやられないのかな。

 

最近警官の方も女性いるけど

ミニパト巡回中ってやっぱトイレ行けないらしくて

 

忙しかったりすると

トイレタイミング難しくて

シート汚してしまう事もある。っていうの人づてに聞いた事あるし。

 

まぁそれいったら

長めの在来線運転手だってそうなんだよね。

 

 

あと、

妊娠とかしたらやっぱドライバー続けるのも大変なのかね。

なんて事も思った。

夜中ずっと運転。とか辛いだろうし。

 

妊娠したらその間時短。

とかそういう事もあり得るんだろうけど

それを本人が希望するしないは別問題だからなー。

 

その辺労働環境整える会社側って難しい問題なのかもね。

 

 

そう考えると

やっぱり性別での職業別、向き不向きって

どうしてもあるよなー。

 

なんて事を思ってしまう。

なんかモヤモヤするなー。

 

スポンサーリンク

 

 

アッパレ日本のタクシー。付加価値つけて頑張ってね

 

ともあれ。

前回と今回の放送観て

 

やっぱり日本のタクシーって本当にちゃんとしてるよね。

特に近年。

という事を思った。

 

人を運搬するだけではなく

ちゃんと接客業なんだよね。

 

その辺が日本の文化っていうか。

日本の良い部分出てるなぁ。すごいなーっていう事を思いました。

 

 

何しろ安心して乗れるもんね。

日本のタクシーなら。

 

海外だと乗車するこちらとしてもドキドキする時あるし

まじかー

って思って途中で「ここで良いっす」って降りる時あるからね。

 

 

そして国によっては乗車を決める迄が大変。

って国もあるよね笑

東南アジアとか。

 

最近は民間の乗車アプリ使えば相当安全に乗れる世の中になったけど

以前は

 

 

行きたい場所を自分としても地図で事前に調べて地理感付けておいて

で、

ドライバー選んで、値段交渉して

 

結局乗るまでに時間掛かって

めんどくて、嫌な思いして。みたいのが普通だったなぁ。

とか思って。

 

 

それを考えたら日本のタクシーはどんだけ素晴らしいんだ。

って事を放送観てて思った。

 

だから。

タクシー業界って大変だと思うし

今後、世の需要に合わせて形は少し変わっていくのかなぁと思うけど

 

それでも必要とする人もいるし

それだけ高クオリティなサービス提供しているのだったら

展開の仕方によっては

 

もっと利用者増やす事だって可能だと思うから

これからも日本のタクシー業界。頑張って下さい。

という気持ちになりました。

 

 

・・・どうでも良いけど・・・。

海外でタクシー乗った時。

 

ドライバーが

あまり道詳しくない事があり

 

地理感ある場所だったので、行き方説明しようとしたんだけど

 

そのドライバーさん、

私が説明しようとするのを遮り

赤信号中に辞書みたいの広げだしたんですね。

 

私は何じゃ?と思って見てたんだけど

 

ちょうどページ見つかった時、

信号が青に変わって読めなくなっちゃって。

 

そしたら

その謎の辞書みたいのを

ポイッと私にパスして

 

「ここ読んで!」

 

って言ってきた。

私、意味分からぬまま「読む???」と聞き返すと

 

「いいから読んで!」

と、また言われたので

訳分からんまま読んでみると

 

「スパダイナアベニューと キングストリート交差点から南に〇メートル。小さな公園が東側にある。」

みたいな説明で、

 

運ちゃん用の「地理本?」

住所で検索すると 近くにあるランドマークとか、位置情報が書かれた

辞典だった。

ということが判明。

 

 

読んであげるとその運ちゃん納得した様でおとなしくなった。笑

 

そんな感じで一体何なのこの謎の状況は。

なんて事もありました。

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

現在「お局経理」、実は15歳家出・元歌舞伎町ホステス 特集はこちら

 

 

スポンサーリンク