【ザノンフィクション】老舗寿司屋4代目夫婦の金銭感覚が浮世離れ過ぎてドン引き!

写真出典元:ザ・ノンフィクション
こんにちは。マグロのとろみんです。

世の中、親はダメな子ほど可愛いと思うのか、それとも可愛いと甘やかすからダメなのか。

老舗をぶっ潰すダメ男の登場か?と思いちょっとビックリしたさ。

 

2021年7月25日放送 ザ・ノンフィクション

老舗の寿司屋に婿が来た ~4代目は元美容師~ 感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

成田山新勝寺近くの寿司屋に跡取り婿がやって来た

 

今回の舞台は80年以上続く老舗寿司屋さん。

成田山新勝寺に程近い場所にある「江戸ッ子寿司」です。

 

成田山に行ったらウナギか江戸ッ子寿司の2択。

と言われる位人気のお店です。

 

そんな人気っぷりとは裏腹に

実は江戸ッ子寿司、長年跡継ぎ問題に頭を悩ましていました。

現在の3代目社長には一人娘がいるが

婿入りしてくれる旦那さんを見つけない限り3代目で寿司屋は終わってしまう。

 

そんな状況に、3代目社長も、その母である2代目の奥さん、大女将も

もう潮時なのかな。

店じまいかな。なんて事を思い始めていました。

 

そんな矢先。

3代目社長の一人娘である「すみれさん(24歳)」が

跡取り息子を見つけてきたと。家族に報告。

 

元美容師見習いの31歳 雅貴さんが突如4代目として浮上。

 

 

そんな

新たな風が吹きこみ始めた成田の老舗寿司屋を

【ザ・ノンフィクション】が追いました。

 

 

この金銭感覚浮世離れした夫婦で4代目が勤まるのか・・・

 

いやぁ。。。。

跡継ぎがいないならば自分で見つけてくるわ!と言い

本当に「婿入りしてくれる人見つけました。」

と婿を連れてきた娘すみれさん。

 

あっぱれだなぁと思ったのもつかの間。

 

なんか。

心配せざるを得ない感じの人だった。

 

婿入りしてくれることになった雅貴(まさたか)さんは

婿入りにあたり

寿司の基礎を学ぶ為に2か月集中で学べるスクールに入学。

 

そして成績優秀で卒業し

あっという間にすみれさんの実家

江戸ッ子寿司で見習いを始めます。

 

しかも

その本気度を見せるため

スクール卒業までに婚姻届けを提出。すみれさんの籍に入籍することで

 

卒業証書をすみれさん一家の苗字で発行してもらう。

という気合の入れっぷり。

 

寿司屋での見習い始めと同時進行で

結婚式の打ち合わせも進めて

 

おや。

なかなかやるじゃない。

なんて思ってたんだけど

蓋開けてみたら

 

その費用は全部ご両親持ちであったという。

 

ははは。

まじか。って笑った。

 

2か月集中スクール代80万円はすみれさんのご家族持ち。

 

そして結婚式費用 見積金額500万円は

すみれさんと雅貴さん両方のご両親持ち。

 

さらには

婿入りするにあたり引越しをされたそうなんだけど

その引っ越し代もすみれさんのご家族持ち。

 

半端ないなー。

 

そして引っ越し先は

4LDKで16万円のお家賃ですって。

テレビで家賃言っちゃっていいのかーい。

って思ったけどさ、

 

それ以上に16万円ってこの若夫婦にお支払い出来るのかしら?

という疑問がフツフツ。

お家賃16万円が収入の4割だったとしても

夫婦で40万円の収入という計算になる。

 

この若夫婦2人で月々40万円の収入って可能なんだろうか?

 

とすると・・・

もしかしてそれも

すみれさんのご家族持ち?

って思ったのは私だけじゃないはず。

 

 

ちなみに結婚式費用だけど

見積をとった以降は、いちいち細かいオプション計算してないから

今の総額は分からない。

だそうです。

 

 

人が出してくれると言っているからといって

甘え過ぎじゃね?

 

これは、すみれさんも、雅貴さんも金銭感覚ズレているよねぇ。

としか思えん。

 

ってかすみれさんが親からお小遣い貰って生きてきて

それみてた雅貴さんがズレ始めてるのかしら。

とか勘ぐっちゃったよね。

 

20歳そこそこならば

世間の相場が分からなくて何の気なしに受け取っちゃう人もいると思うけど

雅貴さん30歳越えてるのよ・・・。

 

テレビで「美容師もやりたいからやったわけじゃないし

それを辞めたあと、何したいってのが見つからなかった。」

とか言ってしまっているし。。。

 

で。

やりたい事が見つからなかった間はバイトをしていたらしぃ。

 

なんかその辺り

「どうにかなるさー」族のヤバい雰囲気プンプンして

私はみててガクブルだったよー。

 

外は真夏日、気温33度だったのにリアルに冷房消す位寒気した。

 

こんな2人が4代目になって寿司屋は平気なのか?

 

コスト意識持ってできるのか?

ブランド力強化とかできるのかーーー?

 

ん?

バイトしてたってことは

引越し先の16万円お家賃のお部屋。

敷金礼金類、この貯金はあったんかな?

これも引っ越し費用の1部としてお支払いいただいたのかな?

 

ははは・・・

どんだけー。

 

 

でも

一家で店経営をしている老舗店に入るってそういうものなのかね?

それだけプレッシャーすごそうだけどね。

 

いやいや・・・。

そんな事はないと思うぞ。

 

大体ぶっ潰れる企業とかって

2代目以降に経営が変わり、好きにやらせてしまった結果

お客さんの信頼失ったりして潰れるケースが多いはずだ。

 

気を付けて―。

ヤバい臭プンプン。

 

 

いくら風の時代でも改革急ぎすぎやでー

 

さて。私の心配をよそに

予想していた通りの展開となってしまった

80年続く江戸ッ子寿司。

 

跡取りが見つかったぞ~ということで

雅貴さんはお店でも好意的に迎えられていたし

 

雅貴さん自身、それに応える様に

日々頑張ってその店に馴染もうと頑張っていたんですね。

 

ところがですよ。

見習い半年足らずで な、な、な、なんとっ

 

雅貴さんは

すみれさんのおばあさんにあたる

大女将に物申してしまいます。

 

大女将は2代目社長の奥さんで今も現役。

お店にもちょくちょく顔をだして様子を見に来るし

 

店のシフト調整を何十年もやっている方です。

そんな現場の表も裏も見てきた大女将に対して

 

雅貴さんは

「今の持ち場を固定してしまう割り振り方は非合理。

手の空いてる人が持ち場併用できる様にした方が

忙しい時もお客さん待たせないで済むのではないか。」

 

という事を提案したそうな。

 

いきなり大女将に物申したから

それまで好意的だった古株の方々も

「ヒー」って思って雅貴さんと距離をおくようになってしまったそうな。

当たり前だ。笑

 

しかもそのあと

大女将と話し合いをした時も

 

「大女将は現場に居ないんだからシフト触らないでください。」

とか言ってしまったらしぃ。

 

 

その発言には

驚き桃の木山椒の木だよ。

 

まーじーかーだよ。

 

 

いやいや

いままで経営とかやってきた事ないんだからさ。

ちょっとは学んだらどうなんだい?

 

物申したい時も

まずは質問じゃね?

 

世の中には「守破離」という言葉があるのよー。

って思ったよね・・・。

 

まずは学ぶ!

そしてやってみる!

で、工夫してみてそれでも変えたいなーって時

初めて物申せるんだよー。

 

いくら婿が来たと迎えてもらっている環境であっても

そんなんじゃ摘まみだされるよー。こわっ

 

いやいや。

ほんとに。

 

そして世の中にはですね~、

面倒と思っても根回しって物があるのよ。

君が来る前に何十年もそれやってた人がいるならさ、

まずはその功績称えてあげないとさ

話も聞いてくれないと思うけどねー

 

 

人間の心理ってそういうもんでしょ。

 

 

あらー。。。。。。って感じ。

 

 

しかもそれ半年足らずでやっちゃうって

未経験であれば

普通の会社でもアウトだと思う。

 

その職種で経験があり、中途で入った人でも

まずはその会社の事を学んで

頭角を現しだすには半年位かかるよ・・・・。

 

 

雅貴さん、もしかして

2021年は風の時代突入で時代は変わった!

とかいう占星術信じてる?

 

やばし!

 

スポンサーリンク

 

 

雅貴さんは3代目に出会えたことを感謝すべし

 

とにもかくにも

ハチャメチャ感満載な雅貴さんですが。

 

すみれさんのお父さんである

3代目は雅貴さんを応援してくれている様なので

是非、これが変わるチャンスと思って頑張って下さい。

と思いました。

 

3代目はホント懐深いのよね。

 

大女将との一件がほとぼり冷めた頃。

雅貴さんに対して

 

「あなたには職人になって欲しいのではなく、将来社長になって欲しい。」

と朗らかに一言。

 

重鎮度半端ないアドバイス。

こんなにも近しい人が

しっかり見舞ってくれてる環境ってなかなかないよ。

 

それを聞いて私は

お父さんの様に自分の立場。役割を理解して経営している人が

社長さんで良かったねー。

と思ったし

 

こうやって裏で手綱引いてくれる人がいるうちは

雅貴さんも自由に出来るのかなぁ。とも思うから

 

目先の事ばかりに意識を奪われず

「一家の主」になるとは。

という事も視野に入れて頑張っていってほしいな。と思いました。

 

人生において無駄になる事は1つもないと私は思ってます。

 

 

ちなみに。

総額幾らかかるか分からない。と言っていた結婚式費用。

 

コロナ蔓延状況を重く見て

すみれさん、雅貴さん2人が話し合い

式典の2週間前にキャンセルしたそうです。

 

コロナだけではなく同じ時期に

すみれさんのお腹に子が宿った事が分かったのも理由の1つだったみたいだから

すみれさんの体調を心配して。

とか色々な背景があっての事だとは思うけど

 

式の2週間前って

キャンセル料いくら取られるんだろう。。。。

 

いいのか?

4代目。

やっぱり私は2人の金銭感覚が心配でなりません。

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

現在「お局経理」、実は15歳家出・元歌舞伎町ホステス 特集はこちら

 

 

スポンサーリンク