お金がかかるオタ活・推し活女してても超簡単な3つの鉄則で貯金がザクザク貯まった

こんにちは。踊るファイナンシャルプランナー マグロのとろみんです。

今日は普通のサラリーマンしてる私がオタク活動費、5万円下らなかった時期もあるのに

なんで貯金出来たのか。についてお話します。

 

我々趣味に生きる人間は「予期せぬ出費」があるからこそ

より一層の備えが必要。

いくら好きでも破綻したら終わりです。そこで退場。

お金も体力も必要な推し活だからこそ、途中で息切れしない為に準備していきましょー。

 

スポンサーリンク

 

 

 

愛もお金も惜しまないオタ活・推し活は経済力試される時があるんです!

 

推し活してる女子こそ貯金して!

が口癖の私ですが

それには実は2つ理由があります。

 

1つ目 将来の為

2つ目 推しの為のここぞという時

 

 

1つ目の「将来の為」

まぁこれは一般的な話ですが、私たちは人間なので

病気になる事もあるし、職を失う事もあると思うんですよね。

 

そんな時に一文無しだと

どーにもこーにも にっちもさっちもいかない。って事に陥るので

その為に少しは備える。

という意味です。

 

 

で。大事なのは2つ目。

「推しの為のここぞという時」にも

少し備えておくと活動を続けやすいよね。

についてですが

 

これは推し活・オタ活してる人のあるあるで

「推しの引退が発表されてラストコンサートツアーに全力で応募したら、思ったより当選してしまい

チケ代が嵩んだ。」

 

とか

 

「うわ。大好きなヨーロッパのダンサーが韓国でイベント開催!え?日本には来ない?」

と言って大枚はたき、わざわざ韓国のイベント参加を決定したり。

 

「どうしても特典欲しい!だから特典出す為にCD何枚でも買うわ。」

とか。

 

こんな感じの「集中的に資金投入する」的な事が良く起きますよね。

(上記は私のほんの一例だ・・・。)

 

そういう事起きた時に

それをさらっと乗り越えられる経済力があればいいんだけど

そんな簡単に給料は増えない。

 

だからこそ「もうお金やばい。今月こそ終わりかもしれない。」

なんて

いつもカツカツ。なんて事が起きたりします。

 

ただ、

私はその状態に対して「しょうがない」と言い

毎日、もやしばかり食べている人を一人でも減らしたい!

 

と思うし

推し愛を試される時が来た時に

指をくわえて見送る。なんて事をするのではなく

 

「よっしゃ!来たっ」と言って

使うべき時に使える人を一人でも増やしたい。と思うので

ふだんから予期せぬ事に対しての備えしませんか。

 

という事を提案しています。

 

 

カッツカツだと結局出費が嵩んだりする不思議

 

予期せぬ出費の為に備えが必要。

って事は分かったし

すべきだと思っている。

けど。リアルに毎月カツカツなんです!

 

という方。少なくないと思います。

 

分かります。

好きな事どっぷりハマるとお金ってとめどなくかかるもんね・・・。

 

 

けど。

それ言いだしたらキリがないというか。

ずーっとカツカツなままなんですよね。

って事も思う。

 

そして

カツカツだと何かあった時に対応できず、

むしろお金をドブに捨てる事になったりもするので危険だなぁ。という風に思ったりします。

 

例えばイベント等で遠征する際。

 

お仕事の関係でギリギリにしか行けない。

という場合はしょうがないんだけど

そうでないときは、私はなるべく前日入りする様にしてます。

特に飛行機でいく場所。

 

 

最初私も前泊の宿泊費を削るために

当日入りしてたんだけど

周りから冷や汗ものの話を時々聞いたりしてから

前日入りするように変えました。

 

冷や汗ものってのは

好きなバンドのライブで遠征する時に当日入りしようと思ってたら

飛行機がキャンセル!

 

振替待ってられないから

泣く泣く違う便を何万円も取って現地に急行した。とか。

 

 

ダンスイベントでパフォーマンスをしに

東京から札幌に行く際

当日入り(とは言っても夜のイベントに対して昼には付く予定の便)

しようとしていたところ

 

札幌が豪雪で飛行機遅延。

他の便も欠航だったので振替も出来ず。

なんども飛行機の客席と、待合室を往復させられ

遅れる事7時間。

 

 

本番用のステージメイクをして、服の下に衣装を着て準備をした状態で飛びたち

北海道ついてからは電車とタクシー使って

なんとかイベント出演には間に合ったけど

 

バッタバタで現地グルメも楽しめず何のために札幌まで行ったか分からんかった。

とか。

 

台湾で行われる週末イベントに遊びに行くため

土曜の早朝LCCで向かおうとした知人。

天候良好・機材も問題なかったのになぜか欠航に

(LCCは他の航空会社との兼ね合いで時間により突然の欠航リスクあり)。

 

せっかく安い便取ったんだから。と

振替便が飛ぶのを待っていたら

なんやかんや遅れに遅れて辿り付いたのはイベントが半分以上終わった土曜の夜中。

色んな意味で時間無駄にしたわ・・・と苦笑してました。

 

まぁ、その人の場合は何故かLCCで海外行こうとすると

遅延やキャンセル喰らう神がかった人なので単に運が悪いだけかも・・・。

 

他にも当日入り関係では

かなりの件数でやらかした体験聞いてるなぁ。

特に飛行機の場合は天候が原因の事が多いからどうにもならんのですよね。

 

って事で今回は遠征のケースで例を挙げましたが

ここぞ。という場面で費用を安くあげようとすると

逆に余計なお金がかかったりすることがあるよ。

という事が言いたかっただけです。

 

今回挙げたケースの場合

安宿で良いから前日入りする。って事してれば

かなりの確率で避けられた事なんですよね。

 

1泊もったいないなぁ。

当日入りでいっか。とした為に起きてしまった。

 

また、移動関連では「寝坊」して見逃す。

なんて事件も時たま起きますよね。

 

その場合も

どーーーーーしても行かなきゃいけない場合。

当日の航空チケット取り直したりするわけですが

それも

 

備えがなかったらなんともならんわけです。

 

そう。

生きてると何が起きるか分からないからこそ

やっぱ備え必要だね。

なんてことを趣味にどっぷり浸かって生きる様になってから強く思う様になりました。

 

お金って大事よね。

 

 

より一層の備えが必要な我々はこの3つの鉄則で貯めろ

 

オタ活・推し活してると

場面場面により「推しの為」に集中的にお金を使わなきゃいけないことがあったり

 

ハプニングから来る予期せぬ出費があったりするので

それなりの備えはあった方が良いよね。

と言う事をここまででお話しました。

 

 

けど。

実際推しの為に投資しまくっている我々として

どうしたら「備え」できるのよ。

って気持ちになりますよね。

 

世には「推し貯金」なる貯め方もあるけど

あんなんでは大きく貯められない。っていう風に私は思っています。

正直「推し貯金」は一時的なしのぎ。かな。

 

私としては

今までいろんな貯金の方法を試してきて

一番効果があったのが

 

「先取り貯金」です。

これが鉄則その1。

 

給料が出たその日に

貯金用口座に振替えする。

振替えは銀行の自動振替サービスを利用する。

 

たったこれだけ。

 

 

用意する物は

給与振込口座とは別に貯金用口座1つ。

出来ればネットで管理できるタイプが良いです。

 

一方、

給与振込口座側もネットで管理できるタイプにすれば

忙しくても

ネット上で全て仕組化することが出来るので簡単です。

 

 

ただ、

無理すると続かないので

最初は毎月5千円でも1万円でもいいので絶対に続けられる金額で始めてください。

 

やっているうちに、もうちょっといけるな。

と思ったり

 

いや、これじゃ貯まる速度遅いわ。

もう少し頑張りたい。

って思ったら少しずつ増やしていく。

そんな方法で良いと思います。

 

私は最初月々1万円で開始したかな。。。

 

鉄則その2

日常生活に使うお金は先取り貯金を除いた後の手取り。

 

先取り貯金したあと残った手取りで

生活する。を習慣づけると

いざ。という時に貯金からお金を出す。という事が可能になります。

(本当は貯金を使わないのが一番だけど)

 

毎月の生活費を減らすって結構大変だと思うのですが

固定費というか。

毎月必ず定額で払っている物から手を付けていくとやりやすいですよ。

 

関連記事:

愛もお金も惜しまないオタ活・推し活女子こそ知って欲しい続ける為の貯金術

 

最後の鉄則3は

臨時ボーナスは全額貯金

 

もし臨時収入(ボーナスなど)があった時には

それを貯金口座に全ツッコミする習慣づけていくと

知らない間に貯金額が増えます。

 

これをするようになってから

私はボーンと貯金額を増やす事が出来ましたし

臨時収入の度に貯金額が増えてくれるのはやっぱり見てて嬉しいです。

 

3つの鉄則をまとめると

◆給料日に先取り貯金振替を行う

◆先取り貯金後の収入手取りで推し活含めた生活をするようにする

◆臨時収入は貯金して備える

 

 

リアルにこの3つが経験上一番手堅いし確実です。

 

 

そうそう。先日知ったのですが世界の大富豪も例外なく

先取り貯金の仕組み。使っているそうです。

なんかそれ聞いたら

貯金成功させるために「先取り貯金」する事は間違ってないんだなぁ。なんてことを思いました。

 

 

少しでも蓄えあれば

推しの「ここぞ」という時に使ってあげる事も出来るし

 

万が一あなた自身に何かあった場合に

その支出の足しにすることが出来ます。

 

お金ってないと困るんだけど

どんだけあっても困るものじゃないという不思議な物なので

これを機に。

 

オタ活・推し活を一生続けられる体質になっちゃいましょ。

 

関連記事:先取り貯金について詳しく知りたい方はこちら

貯金ゼロ円ダメダメだった私【魔法の先取り貯金】自動・簡単に100万貯めたやり方

 

スポンサーリンク

 

 

収支コントロール出来たら無敵。一生好きな事出来る

 

さて。

今日は趣味にどっぷり浸かり生きている我々。

オタ活・推し活ってお金も体力も必要だよね。

 

そして「ここぞ」という場面で集中的にお金を使う必要が出てきたり

予測不能なトラブルから余計な出費に見舞われることがあるよね。

 

だからこそ。

普通に生きてるよりもより一層の備えが必要。

という話をしました。

逆に言うと途中で息切れしない為の資金準備さえしておけば一生オタ活出来る。

 

と。いうかですね、

オタ活・推し活してるから貯金できない。って思ってる人多いと思うんだけど

 

〇〇のライブ行きたい!とか

ここに遠征する!

という感じで

 

趣味に生きていると

小さい目標から

大きい目標まで

常に何かしらの目標って持っていると思います。

 

目標や目的があると

それに向かってなんとかしようとするエネルギーが生まれるので

普通の人で特に目標や目的ない人より

お金貯めるのずっと上手になる。

 

という風に私は思っています。

 

え?前向き過ぎ?

いやいや。

本来趣味に生きるって苦しい事じゃなく楽しい事。

だから上手に貯めて、ここぞって時に使って経済回しているんだ~♪

くらいに思って堂々と使える様になりましょ。

 

今日は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

分からない事などあればご連絡下さい。

 

 

実は元歌舞伎町ホステス・現在お局経理の誰にも言えない闇歴史

 

 

スポンサーリンク